Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Sam Rivers: Paragon (1977) デイヴ・ホランドとバリー・アルトシュルとのトリオ

f:id:kanazawajazzdays:20190414101450p:plain

デイヴ・ホランドとバリー・アルトシュルの組み合わせは大好き。あまり粘りのない、熱気を感じさせない、でも濃厚なビート空間を作るから、と云ったらいいのか。

コリアのA.R.C.が好きだったのだけど、実は、この二人が要だったのでは、とも思っているし、だからブラックストンのTown hallのライヴだってそうだし、ブラックストンとリヴァースを加えた鳩首会議(これは邦題がいいなあ)もそう。

このサム・リヴァースのトリオを聴いていて、そんなことが頭の中で焦点を結んだような気がする。マイルスの東京ライヴでのプレイや、後年のECMのアルバムでもそうなんだけど、リヴァースの演奏は熱気や感情に流されるような感じではなく、割と冷たく密度の高い演奏をする感じ。だからデイヴ・ホランドとバリー・アルトシュルとのトリオって、とても相性の良い感じで、彼ら三極の音空間を聴かせる。やっぱり、このあたりが一番好きだなあ。

それにしてもリヴァースは大活躍で、テナー、ソプラノ、フルートに加えピアノまで披露している。曲によって楽器まで換えている。達者だなあ。

追記:pi recordingsに近年のライヴがあるようだ。聴かなきゃ!

-------------------------------------------------------
Sam Rivers: Paragon (1977, Fluid Records)
1. Ecstasy(Sam Rivers) 5:38
2. Bliss(Sam Rivers) 6:23
3. Rapture(Sam Rivers) 5:10
4. Tingle(Sam Rivers) 7:28
5. Paragon(Sam Rivers) 12:15
Sam Rivers(ts, ss, fl, p), Dave Holland(b), Barry Altschul(ds, perc)
Engineer: Claude Ermelin
Producer: Alain Wolfson, Christian Besnier
Recorded April 18, 1977 at Davout Studio, Paris.