Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM 2613) David Torn, Tim Berne, Ches Smith: Sun Of Goldfinger (2015, 2018) 冷たい昂奮

f:id:kanazawajazzdays:20190320055101p:plain

先日に続き、トーンのアルバム:

前作であるOnly skyの音世界に、バーン、スミスも溶け込んでいる。いや、溶けてはなくて、様々な方角に鋭い切っ先を向けているような感じ。予定調和的な次元ではないのだけど、上位層で構造化(作曲行為)がしっかりされている印象で、環境音を流すトーンとミニマル的にフレーズを繰り返すバーンが時折共鳴し音場が熱くなる、冷たいECM的昂奮。スミスの打音は野性味があって、冷たい昂奮に筋を通していく。

凄く好み。今回は全くアイヒャーのcreditは入ってなく、トーンのプロデュース。しかし、1970年代のリピダルのような味わいがあり、全く違和感はない(近年散見される甘いピアノトリオのほうに違和感がある)。ボクにとってはまさにECMそのもの。

Sun Of Goldfinger

Sun Of Goldfinger

 
Sun Of Goldfinger [Analog]

Sun Of Goldfinger [Analog]

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------

(ECM 2613) David Torn, Tim Berne, Ches Smith: Sun Of Goldfinger (2015, 2018)
1. Eye Meddle (Ches Smith, David Torn, Tim Berne) 23:55
2. Spartan, Before It Hit(David Torn) 22:10
Leah Coloff(cello), Craig Taborn(p, elect), Scorchio Quarte(ensemble), Mike Baggetta, Ryan Ferreira(g)
3. Soften The Blow(Ches Smith, David Torn, Tim Berne) 22:50
David Torn(g, loops, electronics), Tim Berne(as), Ches Smith(ds, electronics, perc),
Design: Sascha Kleis
Engineer [Recording]: Daniel James Goodwin
Engineer [Assisted By (Recording)] : Adam Tilzer, Nolan Thies
Mixing: David Torn
Producer: David Torn
Recorded September 2015 and August 2018
at The Bunker, Brooklyn Recording,EMPAC & Isokon Studios