Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM 2433) David Torn: Only Sky (2014) 意識と無意識の境界にあるような時間に

f:id:kanazawajazzdays:20190318101355p:plain

 ギターとウードのソロ。全編、環境音楽的な浮遊する世界であるが、そのなかで弦の歪みのようなものが造る「変調」のようなものに惹かれる。フリーキーな音、インプロ的な無調を、音空間に閉じ込め、音響的な処理でECM的な印象そのものに。それも本来的な好みの方のECM。プロデューサーがアイヒャーでない、ことが面白い。

夜明け前、意識と無意識の境界にあるような時間に聴いていたが、音の微かな躍動に同期したように聴こえてきたり、再び闇のなかに沈んでいったり。そんな聴き方が心地よかった。

Only Sky

Only Sky

 

 -----------------------------------------------------------------------------

(ECM 2433) David Torn: Only Sky (2014)
1. At Least There Was Nothing 7:48
2. Spoke With Folks 6:46
3. OK, Shorty 3:18
4. Was A Cave, There... 12:40
5. Reaching Barely, Sparely Fraught 8:11
6. I Could Almost See The Room 13:25
7. Only Sky 9:15
8. So Much What 5:22
9. A Goddamned Specific Unbalance 9:13
David Torn(g, electric-Oud)
Design: Sascha Kleis
Engineer: D. James Goodwin, Steve McLaughlin
Producer: David Torn
Executive-Producer: Manfred Eicher
Recorded February 2014
at the EMPAC Concert Hall, Troy, NY and Cell Labs, NY