Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Richard Wyands: Then, Here And Now (1978) 中量級ピアニストの良さ

f:id:kanazawajazzdays:20190310081831j:image

ロイ・ヘインズのアルバムでのピアノ奏者。知らない奏者だったが、いやなか好み。こんな感じの中量級のピアノは好きだなあ。軽量級のようにチャラっとしていないし、重量級のような思念もない、ヒュー・ローソンやヒルトン・ルイズなんかと同じカテゴリ。

林さんから教示あり、聴いてみる。ベースの増幅音の軽さが気になるが、これは1970年代の録音の多くに共通かな。中量級ピアニストの良さ、が詰まっている。テクも唄心も過剰でなく、ふっと響かせる響きの良さ、にほろっとする。

デンマークのJazzcraft recordsは、同じデンマークのSteeplechaseと似た印象だけど、少し硬派かな。前掲のヒュー・ローソンの佳作あり。いいレーベルだなあ。

ゼン、ヒア・アンド・ナウ

ゼン、ヒア・アンド・ナウ

 

--------------------------------------------------------------------------------

Richard Wyands: Then, Here And Now (1978, Jazzcraft Records )
A1. Yes It Is 4:41
A2. Lament 9:38
A3. As Long As There's Music 3:35
B1. Lenora 3:49
B2. Never Let Me Go 4:07
B3. Yesterdays 7:51
B4. Blue Rose 4:41
Richard Wyands(p),Lisle Atkinson(b), David Lee (ds)
Recorded October 12, 1978 in New York City