Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

佐藤允彦:Palladium(1969) リリースされて半世紀後の春に

f:id:kanazawajazzdays:20190307083937j:plain

(表ジャケット)

f:id:kanazawajazzdays:20190307084015j:plain

(裏ジャケット)

Cover art: Michihiro Kimura
Art director: Susumu Tada

 

ボクは日本のジャズについては、オリジナルがレコードであればレコードで欲しい、と思っている。あとは再発でも、ジャケット違い(あるいはなし)でも何でも気にならない。

そうではあるのだけど、佐藤允彦のPalladiumは気になっていた。数年前の再発レコードのジャケットを見て、保有盤とオリジナル盤で違うことに気がついた。それから少し気になってた。オリジナルジャケットの質感、音の違い。

このPalladiumが出た1969年が日本のジャズの変曲点で、これ以降、確かに日本のジャズがIdentifyされているように思えるのだ。欧州でのECMの登場時期と同期していることも面白い。それから半世紀。もう彼方の昔なのだ。
そんな興味があるのだけど、概して高価なPalladiumのオリジナル盤は入手できなかった。最近、安価なものが入手できたので小躍り。ジャケットの質感がとても良い。音への期待が膨らむ。早速、聴いてみる。
 長期間聴かれていなかったのに違いなくて、チリによる雑音も酷く、音圧も低め。やれやれ、と思ったが、古レコードでよくある話。我慢して何回か回す。すると、雑音も消え、音圧も上がりはじめる。音の鮮度も不思議なくらい復活。

 1970年代末の再発盤と大差ないが、レコード盤の材質の違いに寄るものか、音のキレはオリジナルのほうが良い。再発盤は典型的な日本盤の音、柔らかく優しいがエッジが効いていない、そんな感じ。決して悪い音ではないが。

 オリジナルのほうが、特にドラムの音が美しく激しい。聴いてみるものだ。3者の交感、美しい佐藤の曲造りの上での、が鮮明だ。なんだか初期ECMを聴いているみたいだぞ。

 

 

----------------------------------------------------

佐藤允彦:Palladium(1969, 東芝)
A1. Opening
A2. Michelle
A3. Der Zweig Von Salzburg
B1. Palladium
B2. Scrollin'
B3. Closing
佐藤允彦(p), 荒川康男(b), 富樫雅彦(ds, ring)