Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

御茶ノ水での短時間の猟盤

昨日のフライトの前、小松に向かうクルマの中では狭間美帆の新作を聴いていた。いいね。

最近はそんな感じでしか聴けていない。東京出張の際、短時間、御茶ノ水へ。駆け足で二店舗。

f:id:kanazawajazzdays:20190228092424j:image
f:id:kanazawajazzdays:20190228092756j:image

あまり聴く時間がないのに、手が出るなあ。

f:id:kanazawajazzdays:20190228092904j:image

餌箱から本田竹廣2枚とジミー・ラッシング。こんな買い物が好きだなあ。今回の中古で一番高価だったのはパスコアール。それでも昔の新譜価格プラスアルファ。ネット価格は異常だからなあ。

f:id:kanazawajazzdays:20190228093233j:image

マイルスは過去、入手できなかったレコードの国内盤再発。CD時代なので、レアな独盤しかなかった。でも高いなあ。ロスコー・ミッチェルは二枚組。様々な組み合わせなので楽しみ。レイシーは伊盤。これも餌箱だったかな。レスター・ボウイはミューズ盤。ミューズのフリー奏者は、美味しい予感。ブラックストンが良かった、のだ。

f:id:kanazawajazzdays:20190228093719j:image

あとは欧州盤。ロニースコットでのコールマン。実はコールマン好き、なのだ。何やら良いらしい。

嬉しいなあ。あとは、これまた格安のsteeple chase 3枚。サム・ジョーンズには日野皓正入り。同時期の欧州盤には結構登場している。サム・ジョーンズペデルセンは昔から気になっていた。鈴木勲とレッド・ミッチェルのデュオが良かったから、ベースのコンビってね。それからヒルトン・ルイーズ。チコ・フリーマンとの共演盤から気になる人。

レコード抱えて仕事場に向かおうとしたら、kyon氏と遭遇。驚いたなあ。