Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Ran Blake, Anthony Braxton: A Memory Of Vienna (1988) このようなデュオが好きな時代が長かったが

f:id:kanazawajazzdays:20190130201222p:plain

このようなデュオが好きな時代が長かった。そうリー・コニッツペトルチアーニとか、ギル・エヴァンスとスティ−ヴ・レイシー(あるいはリー・コニッツ)のデュオを咄嗟に思い出す。その頃から、随分経つような気がする。最近は、あまり聴いていないように思う。

 久々に気持ちを射るような素晴らしい演奏。何よりも楽器の響き、音が美しい。録音も実に良い。アヴァンギャルド系の印象が強い2人だけど、ここには全くケレン味はなくて、ただただジャズの名曲を美しく弾いている。しかし華美ではなく、また自己陶酔的でもなく、抑制的に音を交感し合っている。曲の魅力を掘っていくような演奏。

ラン・ブレイクのピアノの良さ、音の良さそのものだと思う、をブラックストンが最大限に引き出しているような印象。実に素晴らしい。

 

A MEMORY OF VIENNA

A MEMORY OF VIENNA

 

 ----------------------------------------------------------------

Ran Blake, Anthony Braxton: A Memory Of Vienna (1988, hatOLOGY)
1. 'Round Midnight 11:06
2. Yardbird Suite 5:38
3. You Go To My Head 7:58
4. Just Friends 6:24
5. Alone Together 4:59
6. Four 4:53
7. Soul Eyes 7:34
8. I'm Getting Sentimental Over You 7:08
Ran Blake(p), Anthony Braxton(as)
Mastere: eter Pfister, Peter Pfister
Producer: Pia & Werner X. Uehlinger, Art Lange
Recorded 19 November 1988 at Haus der Begegnung, Mariahilf, Vienna.