Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

John Escreet: Learn to Live (2018) 期待先行で聴いた分......

f:id:kanazawajazzdays:20190120193743p:plain

ジョン・エスクリートが面白いなあ、と思うのは、Jazz, Improvised music, Fusionというような垣根が消失し、そのようなcategoryでidentifyされるのでなく、そのような「音の要素」を統合し、彼以外の何物でも無い音、と感じさせるところだ。

 そのなかのアヴァンギャルドな味、エヴァン・パーカーまで巻き取ったような、がジャズっぽくて美味しい。

 この新作では、冒頭の安っぽいフュージョン感にいささかガッカリではあったが、徐々に盛り上がり、4曲目、5曲目あたりが期待値通り。ジャスティン・ブラウンとエリック・ハーランドの2ドラムが反応し合っているあたりは、文句なくカッコいい。あとニコラス・ペイトンのトランペットも音が好み。

期待先行で聴いた分、物足りないことは否めないが、少し音量を上げて聴くと楽しい。 

 

Learn to Live

Learn to Live

 

 ------------------------------------------------------------

John Escreet: Learn to Live (2018, Blue Room Music) 
1. Opening
2. Broken Justice (Kalief)
3. Lady T's Vibe
4. Test Run
5. Learn to Live
6. A World Without Guns
7. Smokescreen
8. Global Citizen
9. Contradictions
10. Humanity Please
John Escreet (p,key), Nicholas Payton (tp), Greg Osby (as), Matt Brewer (b), Justin Brown (ds), Eric Harland (ds on 1, 2, 4 ,8)