Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2587) Elina Duni: Partir (2017) 欧州のジャズと共通する普遍的な音楽性

f:id:kanazawajazzdays:20181231072409p:plain

前作ではアルバニア出身の唄い手であるが、その出自をあざとく使うような感じが一切無く、その自然体のような音が良いと思った。

前作ではコリン・ヴァロン・トリオが伴奏していたが、今回は本人のみ。多重録音もあまり使っていないように(いや全くか?)、聴こえる。だから音数も少なく、広い音空間に声が広がっていく。エキゾティシズムを強調するような味付けは一切無く、むしろ色彩感も淡くなり墨染めのような音。

いいアルバムだ。ECMは良くも悪くもアイヒャーの嗜好が透けて見えるレーベルで、それが過剰に感じる時もある、内容も音響も。このアルバムは、ECMのレーベルイメージの範囲に収まっている感覚、以外は味付けのようなものを全く感じない。元来はそんなレーベルだったよね、ということを思い出させる一枚。

ジャズ色は薄く、民族音楽的フォークの趣だけど、むしろ欧州のジャズ(やその周辺の音楽)と共通する普遍的な音楽性を感じた、ことが意外だった。コトバで上手く書けないのだけど。前作よりも民族的な曲を並べているのだけど。面白い。

バール・フィリップスのアルバムとともに、今年出たECMでは印象に残るものだった。

 

PARTIR

PARTIR

 

------------------------------------------------------------------------

(ECM2587) Elina Duni: Partir (2017)
1. Amara Terra Mia (Domenico Modugno, Enrica Bonaccorti) 4:17
2. Let Us Dive In (Elina Duni) 4:44
3. Meu Amor (Alain Oulman, Jose Carlos Ary dos Santos) 4:28
4. Lamma Bada Yatathanna (Muhammad Abd al Rahim al Masloub) 4:16
5. Vishnja (Traditional From Kosovo) 4:07
6. Lusnak Gisher (Traditional From Armenia) 2:46
7. Oyfn Veg (Itzik Manger, Philip Laskowsky) 6:19
8. Kanga E Kurbetit (Traditional From Kosovo) 3:27
9. Ani Kaj Lulije (Albanian Traditional From Macedonia) 2:19
10. Vaj Si Kenka (Traditional From Albania) 3:40
11. Je Ne Sais Pas (Jacques Brel) 4:20
12. Schönster Abestärn (Traditional From Switzerland) 2:56
Elina Duni (Voice, g, p, perc)
Design: Sascha Kleis
Engineer: Gérard de Haro
Engineer [Mastering] : Nicolas Baillard
Producer: Manfred Eicher
Recorded July 2017
Studios La Buissonne, Pernes-les-Fontaines