Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

林栄一、斎藤徹、小山彰太: 往来トリオLive 雲は行く(2000) 強く惹かれている

f:id:kanazawajazzdays:20181214080437j:image

黙々とボンバ・レコードから届いた21枚のCDを聴いている。

予備知識もなく、適当に選んだのだけど、外れがない。何れも濃厚なのだ、ボクが好きな日本のジャズの薫りが。

1980年頃に聴きはじめた日本のジャズは、多くの新人も大きなレコード会社から出ていた。今回入手したアルバムは1990年代以降のマイナーレーベル。知らない間に市場構造が大きく変わったようなのだ。そして、一枚一枚の熱量や薫り、のようなものは、より強まっている。聴いていて、ビンとくるのだ。

このアルバムも面白い。仕事場や通勤のクルマの中でしか聴けていないので、音がバランスよく聴けていない。ベースが不明瞭なのだ。それでも、典型的なサックス・トリオから離れた不穏な通奏低音が響いていて、そこをもっと強く感じたい、と思わせる惹きつけが強烈。

小山彰太のドラムは第3期山下洋輔トリオでしか、ほぼ聴いていないのだけど、その稠密なドライヴ感とは全く違う音空間、訥々と突き上げる鼓動、のような広がりが美しい。

そして林栄一の変化する音、美しく、強く、不気味に、速く、そんな音の色彩の移ろいを存分に愉しめた。

ああ日本のジャズはいいなあ、と噛みしめる毎日なのだ。