Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Charles Mingus: Jazz In Detroit / Strata Concert Gallery / 46 Selden (1973) ドン・ピューレン、ロイ・ブルックス

f:id:kanazawajazzdays:20181203220900p:plain

 ここ数週間、入手するか迷っていたアルバム。JOE氏のBLOGを読んで、即、入手を決めた:

 ドルフィーのresonance盤をレコードにしたので、これはbandcampからのディジタル・データにした。圧倒的に安価な15ユーロ:

松風紘一や森山威男のアルバムをレコードで再発したUKのBBKからのリリース。プロデュースにスー・ミンガスのcreditがあるので、権利関係もしっかりしているのだろう。

内容だけど、JOE氏の繰り返しになるが、ドン・ピューレン、ロイ・ブルックスが素晴らしい。やや後方に退いた印象(録音を含め)のミンガスのベースを含め、かなりアグレッシブなリズムセクションであり、それが素晴らしい。

ピューレンのピアノは、嫌いじゃないが、アダムスとのバンドで一本調子(打楽器的なパキパキ音ばかり)の印象が強かったのだけど、マクビーのアルバムでそうでもないピューレンを見直したばかり。本アルバムでも、ピューレンの様々な音を愉しむことができる。録音のバランスが今ひとつで、ピアノがやや引っ込んでいるのが実に残念。大音量で聴くしかない!

 ロイ・ブルックスについても、最近、何枚か聴いた奏者で、1970年代のジャズの空気が満点の音を出している。また、デトロイト出身であり自身もEnjaからJazz In Detroit という盤を出している。そんな地元での演奏なのか、実に熱い演奏が続く。

という訳で、1970年代らしい熱気に溢れた演奏が、実に長時間(4時間30分)続く素晴らしい、というか厳しいアルバムなのだ。

 

JAZZ IN DETROIT / STRATA CONCERT GALLERY / 46 SELDEN (IMPORT)

JAZZ IN DETROIT / STRATA CONCERT GALLERY / 46 SELDEN (IMPORT)

 

 -------------------------------------------------------

Charles Mingus: Jazz In Detroit / Strata Concert Gallery / 46 Selden (1973, BBE)
1. Pithecanthropus Erectus 25:04
2. The Man Who Never Sleeps 15:04
3. Peggy's Blue Skylight 18:15
4. Introduction of the Band by Bud Spangler / Celia 23:35
5. Bud Spangler & Roy Brooks - Bud Spangler Interview with Roy Brooks and Commentary 38:59
6. C Jam Blues 26:58
7. Orange Was the Color of Her Dress, Then Blue Silk 20:12
8. Dizzy Profile 12:52
9. Noddin' Ya Head Blues 25:59
10. Celia (Alternate Take) 24:15
11. Dizzy Profile (Alternate Take) 12:00
12. Bud Spangler - Strata Gallery Announcement / Radio Broadcast WDET FM 06:49
13. Pithecanthropus Erectus (Alternate Take) (Digital Exclusive Track) 19:40
Charles Mingus (b), Joe Gardner8tp), John Stubblefield(ts), Don Pullen(p), Roy Brooks(ds)
Recorded February 13th, 1973, at the Strata Concert Gallery