Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

ディスクユニオンJazzTokyo: 面倒だなレコード・ストア・ディ

昨日はレコード・ストア・ディ。面倒なイヴェントだ。普通に出て、普通に買えると嬉しいのだけど、と、いつも思う。しかも高価となりゃ、困るよね。

例のドルフィーのresonance盤を入手しに、ディスクユニオンへ。開店前から人がうろついている。

f:id:kanazawajazzdays:20181124114920j:image

何だろうか。事前に整理券もあったようで、列ができるのだけど、どうもバーゲン対応のよう。レコード・ストア・ディは関係がなかった。ドルフィーのアルバムも、飛ぶようになくなった、ってことはなかった。やれやれ、心配して損した。

f:id:kanazawajazzdays:20181124115131j:image

f:id:kanazawajazzdays:20181124115219j:image

その他には、ヨアヒム・キューンほかOWL盤2枚。音が良いのだ。それからスラム・ステュアートが入った盤。あと欧州盤セールで拾ったフォンタナのテッド・カーソン。ブッカー・アーヴィンとの共演。

f:id:kanazawajazzdays:20181124122338j:image

1970年代好きにはMUSE,XANADUはきになるレーベル。ジョー・ボナーとミッキー・タッカー。パット・ラバーバラもそのノリ。あとナイドリンガーとテイラーの共演盤。1980年だから最後の共演かも。

f:id:kanazawajazzdays:20181124122356j:image