Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

The Golden Palominos (1983) DNAのシングル盤じゃあリンゼイが聴き足りなくて

f:id:kanazawajazzdays:20181105065302p:plain

昨夜は仙台で買ったアート・リンゼイのDNAのシングル盤を聴いた。

 ギターのキレの良さが音も良く収められていて、しかし収録は極端に短いので、リンゼイやら何やら、もう少し聴きたくなった。

リンゼイをはじめて聴いたのはラウンジ・リザース、1981年。テオ・マセロがプロデュースしコロンビアで録音、発売前から宣伝されていたような記憶がある。聴いてみると、あのギターに驚いて、強い印象が残った。

同じ時期にビル・ラザウェルのマテリアルも聴いていた。それにブラッド・ウルマー、ジャマラディーン・タクマ、ロナルド・シャノン・ジャクソンらのオーネットのプライム・タイム一派。そうそうBAGのボウィ兄弟のデファンクト。そんなレコードを聴いていた1980年代前半。

ビル・ラザウェルのMaterialやアントン・ファイアーのThe Golden Palominos は、そんなメンバーが入り乱れていて、まずそれで気になった。このアルバムでもラザウェルとファイアーに加え、リンゼイが準構成員格で入っている。もっともラウンジ・リザース同様、1枚目だけだけど。あとタクマ、フレッド・フリス、ディヴィッド・モス、ジョン・ゾーン(これではじめて聴いたかも)たちがトラックによって入っている。

内容はDNAを少しだけソフトに、複雑にしたような。今聴くと、当時思ったほどに混沌とはしていない。ファイアーとラズウェルが刻み続け、そこで時折、リンゼイが叫ぶような感じ。あの甘ったるい唄はもっと後年。同時にガラガラとギターが入る。それだけで、結構満足した。聴くのは何年ぶりかなあ、25年以上かも。

ゴールデンパロミノス(紙ジャケット仕様)

ゴールデンパロミノス(紙ジャケット仕様)

 

------------------------------------------------------------

The Golden Palominos: The Golden Palominos (1983, Celluloid==>OAO Records)
A1. Clean Plate (Fier, Lindsay) 6:32
A2. Hot Seat (Fier, Noyes, Miller) 5:13
A3. Under The Cap (Fie*, Lindsay) 5:32
A4. Monday Night (Fier, Lindsay) 6:29
B1. Cookout (Fier, Lindsay) 4:38
B2. I.D. (Fier) 6:45
B3. Two Sided Fist (Fier, Lindsay, Frith) 7:42
Bass [Steinberg] – Jamaaladeen Tacuma (tracks: A1, B3)
Effects, Electronic Drums – Michael Beinhorn (tracks: A2, B1)
Engineer, Bass [Prepared Fretless, 4-string, 6-string, 8-string, Steinberg, Slide], Turntables, – Bill Laswell
Drums, Percussion, Electronic Drums- Anton Fier
Guitar – Nicky Skopelitis (tracks: A4, B2)
Guitar, Violin – Fred Frith (tracks: A1, B2, B3)
Guitar, Vocals– Arto Lindsay (tracks: A1 to A4, B2, B3)
Percussion [Non Rhythmic], Effects – David Moss (tracks: A1, A3, B3)
Saxophone [Alto], Clarinet – John Zorn (tracks: A1 to A4, B2, B3)
Tape – Roger Trilling (tracks: B1)
Vocals – Thi-Linh Le (tracks: A4)
Vocals, Turntables – M.E. Miller* (tracks: A2, A4)

Engineer: Don Hunerberg, Martin Bisi, Anton Fier, Bill Laswell
Producer: Anton Fier, Bill Laswell
Associate producer: Martin Bisi, Arto Lindsay

手持ちはUK盤でジャケットが違う。 

f:id:kanazawajazzdays:20181105065302p:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181105070151p:plain