Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

仙台・DisknoteからSTORE15NOVへ、面白かった

仙台も学都だけあって、レコード屋が楽しい:

今までは、ごく短時間、片平周辺のレコード屋に入っただけだった。

今回は時間の余裕が少しあったので、足を伸ばした。

f:id:kanazawajazzdays:20181103225223j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181103225240j:plain

一軒めはDisknote。かなり正統的なレコード屋。しっかりとした店であった。楽しかったのは、(多分)店主の価値観が伝統ジャズに重き、のように見えて、そこから外れたレコードが安め、であったこと。そんなことを感じながら、中古レコードをみるのは楽しい

http://www.disknote.com/shopinfo.html

少し迷った盤もあったが、結局、安レコードだけを入手。

上の2枚はジャック・ウィルキンス。CTIから出していたとは知らなかった。メンバーもよく(アルトはウッズで、ベースにマクビー)、期待感が盛り上がっている。

ブライスのコロンビア盤もゆっくり蒐集中、佳作が多いのだ。あとAEOCのライヴ2枚組。Affinity盤は、いつも期待を裏切らない、と思っているが、どうだろうか。

f:id:kanazawajazzdays:20181103223528j:plain

二軒めはDisknoteの近所のSTORE15NOV。この店は「電子音楽,実験音楽,ノイズミュージックなどのレコードとCD通販」だそうで、要は前衛音楽の店(大雑把!)のようだ。中古はない。

それにしても面白い店で、在庫のレコードを眺めるのも楽しいし、またレコードを眺めても内容がまるで分からない。

f:id:kanazawajazzdays:20181103225350j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181103225408j:plain

今回はリンゼイのDNAのシングルカット(再発)と、店内でかかっていた謎な音楽が気に入って入手。次は試聴しながら、ゆっくり滞在したいな。

DNAのイクエ・モリさんは怖い顔しているな。インタビューで、この時代は不機嫌な顔が要求されている、って書いていた記憶がある。

下からシングルカット。


DNA - DNA On DNA full album

f:id:kanazawajazzdays:20181103224644j:plain

下が店頭でかかっていた一枚。ジャンル不詳、だ。帰って早くレコードで聴きたい。


Ramuntcho Matta - Écoute... (1986) FULL ALBUM

f:id:kanazawajazzdays:20181103224620j:plain