Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Alberta Hunter: Amtrak Blues (1980) ブルースやジャズが未分化だった時代の匂い、なのか

f:id:kanazawajazzdays:20181030080111j:plain

 少し前の新宿でレコード屋、餌箱でこれをみつけた。典型的な安レコードで800円。発売当時、話題になったことを思い出した。当時、欲しいレコードは星の数ほどあったので(今もか)、見送った記憶がある。

85歳での復活劇、的なものだったと思う。40年近く前の話だ。ボクの祖父母よりも、もう少し上の世代だ。

Alberta Hunter - Wikipedia

 経歴をみると50代までジャズ、ブルースの歌手。その後、学校に入り直し病院で仕事。80代に入ってから復活。凄い話だ。このレコードから4年後、89歳で他界。

聴いてみると声の存在感が凄い。一声一声が唄そのもの。それでいて軽妙、実にいい。米国の大衆音楽の進化樹の根元に近い感じで、ブルースやジャズが未分化だった時代の匂いなのかなあ、と思う。ジミー・ラッシングに感じた雰囲気をさらに始原的にしたような、そんな生々しい力がある。

生物と同じように音楽も進化し、分岐を生んでいき、その多くは死に絶える。そんな進化樹の母たる源流を覗き見るような魅力のように感じた。

Amtrak Blues

Amtrak Blues

 

 ----------------------------------------------------------

Alberta Hunter: Amtrak Blues (1980, Columbia)
A1. The Darktown Strutters' Ball (S. Brooks) 5:20
A2. Nobody Knows When You're Down And Out (J. Cox) 3:48
A3. I'm Having A Good Time (A. Hunter) 2:35
A4. Always (I. Berlin) 3:41
A5. My Handy Man Ain't Handy No More (A. Razaf, E. Blake) 3:45
B1. Amtrak Blues (A. Hunter) 3:21
B2. Old Fashioned Love (C. Mack, J. Johnson) 4:12
B3. Sweet Georgia Brown (B. Bernie, K. Casey, M. Pinkard) 4:10
B4. A Good Man Is Hard To Find (E. Green) 3:56
B5. I've Got A Mind To Ramble(A. Hunter) 4:13
Alberta Hunter(vo), "Doc" Cheatham(tp), Vic Dickenson(tb), Frank Wess(ts,fl), Norris Turney(ts,cl), Gerald Cook(p), Billy Butler(g), Aaron Bell(b), Jackie Williams (ds)
Engineer : Frank Laico
Engineer [Assistant]: Marty Greenblatt, Ted Brosnan
Engineer [Mixing] : Ray Moore
Producer: John Hammond

 

f:id:kanazawajazzdays:20181030080111j:plain