Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Bobby Pierce: Introducing Bobby Pierce (1972) これも安レコードの類い、だけど

f:id:kanazawajazzdays:20181029064408p:plain

これも安レコードの類い。パット・マルティーノとロイ・ブルックスの名前に引かれて購入。マルティーノが全面に出るA1、B1はそれで満足。あの頃のマルティーノそのもの。小気味よくフレーズを切り続ける。

案外良かったのはピアスのヴォーカル2曲。70年代のソウル的な味で聴かせる。バックに近年逝去したクラショウが入る。ピアスのオルガンも小粒な感じなのだけど、気持ちよくドライヴする。

何となくVintage Vinyl recordsの世界が1960年代から1970年代に浸食しているような気がするが、こんな盤がヒッソリ餌箱に入っているような感じ、が続いて欲しいなあ。

---------------------------------------------------------------------

Bobby Pierce: Introducing Bobby Pierce (1972, Cobblestone)
A1. Think (A. Franklin, T. White) 8:26
A2. Here, There, And Everywhere (Lennon/McCartney) 5:12
A3. I Remember Ray (B. Pierce) 3:56
B1. Mr. P.C. (J. Coltrane) 4:13
B2. Wichita Lineman (J. Webb) 5:12
B3. To Newport With Love (B. Pierce) 5:03
Bobby Pierce(org, vo on A2, B2), Bobby Jones(ts on A1), Pat Martino(g), Bob Cranshaw(fender b on A2, B2), Roy Brooks(ds)
Producer: Don Schlitten
Recorded by Paul Goodman
Recorded April 6, 1972

f:id:kanazawajazzdays:20181029064408p:plain