Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1726) Herbert Henck: Conlon Nancarrow, George Antheil/ Piano Music (1999) どんな作曲家かと調べたら、CDから流れる音よりも面白すぎて

f:id:kanazawajazzdays:20181011064611p:plain

ヘンクの硬質なピアノの音は好み。熱心ではないが、少しずつ買い足している。モンポウジョン・ケージの初期作品集は良かったな。

 どんな作曲家かと調べたら、CDから流れる音よりも面白すぎて、惹き込まれた。 

コンロン・ナンカロウ - Wikipedia 1912-1997

ナンカロウは米国出身で、ジャズ奏者から作曲家に。スペイン内戦で共和国側の義勇兵に、そして共産党入党により帰国できず、メキシコ亡命。暗殺されるトロッキーと同じ時期にメキシコシティに居たことになる。米国からの亡命者の存在をはじめて知った。

ジョージ・アンタイル - Wikipedia   1900-1959

アンタイルは作曲家であり、発明家。魚雷の耐探知能力をあげるため周波数ホッピング技術を特許化したらしい。周波数ホッピング方式のスペクトラム拡散技術の初期の発明者のようだ(後から考えると実は、ということだろう)。科学技術への憧憬、20世紀のモダニズムを生きた、という感じが、飛行機に魅せられた稲垣足穂に似ているなあ、と思ったら同じ生まれ年。ボクの祖父の世代だ。

 

勿論、曲も面白い。2人の曲の切れ目は分からなくて、ともにストイックでキレが鋭いガーシュィンという感じか。現代音楽の枠の中に戦前のアメリカ大衆音楽を冷凍保存したような印象。ヘンクの硬質なピアノが猥雑な要素を含め、音を純化させている。短いアルバムであるが、飽きることがなく、実に面白かった。

 

Antheil / Nancarrow

Antheil / Nancarrow

 

-----------------------------------------------------------------

(ECM1726) Herbert Henck: Conlon Nancarrow, George Antheil/ Piano Music (1999)
Three 2-Part Studies(Conlon Nancarrow)
1. I. Presto 1:08
2. II. Andantino 2:02
3. III. Allegro 0:48
4. Prelude - Allegro Molto(Conlon Nancarrow) 1:24
5. Blues - Slow Blues Tempo(Conlon Nancarrow) 2:15
6. Sonatina Für Radio - Allegro Moderato(George Antheil) 3:58
Second Sonata, "The Airplane" (George Antheil)
7. I. To Be Played As Fast As Possible 2:35
8. II. Andante Moderato 2:17
9. Mechanisms(George Antheil) 9:44
10. A Machine (No. XLIV From "La Femme 100 Têtes After Max Ernst")(George Antheil) 0:30
Sonatina (Death Of The Machines) (George Antheil)
11. I. Moderato 0:22
12. II. Accelerando 0:13
13. III. Accelerando 0:18
14. IV. Accelerando 0:33
15. Jazz Sonata (Sonata No. 4) - As Rapidly As It Is Possible To Execute Cleanly And With
Even Touch And Dynamics – Like A Player-Piano(George Antheil) 1:26
Sonata Sauvage(George Antheil)
16. I. Allegro Vivo 2:51
17. II. Moderato 3:54
18. III. Moderato / Xylophonic, Prestissimo 0:49
19. (Little) Shimmy(George Antheil) 0:51
Herbert Henck(p)
Cover Photo: Caroline Forbes
Design: Sascha Kleis
Engineer [Tonmeister] : Markus Heiland
Producer: Manfred Eicher
Recorded August 1999
Festeburgkirche, Frankfurt am Main