Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Dollar Brand : This Is Dollar Brand (1965) 残響が誇張されない自然な音空間のなかで

f:id:kanazawajazzdays:20181010074814p:plain

調布で買った安レコード。700円のトリオ盤。でもBlack Lionあるいは再発のAffinityからの60年代後半のアルバムは良いものが多く楽しい。原盤とか何とか関係なく、安いのを掴めばいいと思う。CP値は最高じゃなかろうか。

このアルバムも聴いてみると実に良い。1965年の録音で1973年に出たものらしいが、残響が誇張されない自然な音空間のなかで透明度が高いピアノが響く。しかし耽美的でもなく、またアフリカという属性も全面には出ていない。さりげなく美しいピアノが強いグルーヴを出したり、面白い。そしてジャズ奏者にはない薫り、それがアフリカなのかな、とも思わせるが、そうでないかもしれない。

何となくエリントンのピアノみたいだな、と思ううちに、B面ではエリントン大会のようになっていく。そこが実に楽しい。

録音も実に良い。日本盤的なストレス(音の丸み)も感じなかった。バンザイ安レコ、であった。ボクはアフリカン・ピアノより好きだな。

This Is Dollar Brand

This Is Dollar Brand

 

------------------------------------------------------------------

Dollar Brand : This Is Dollar Brand (1965, Black Lion Records)
A1. Little Niles (Weston) 5:58
A2. Resolution (Brand) 3:43
A3. Which Way? (Brand) 3:07
A4. On The Banks Of Allen Waters (Brand) 5:37
B1. Knight's Night (Brand) 5:38
B2. Pye R Squared (Brand) 2:52
B3. Mood Indigo (Bigard, Ellington, Mills) 2:30
B4. Don't Get Around Much Anymore(Russell, Ellington) 3:00
B5. Take The "A" Train (Strayhorn) 3:04
Dollar Brand(p)
Engineer: Bob Auger
Producer: Alan Bates
Recorded at Pye Studios, London,16th March 1965