Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Don Cherry: Brown Rice (1977) 無境界の漂う音世界のなかに

f:id:kanazawajazzdays:20181009063715p:plain

 邦題ではブラウン・ライスであるが、ジャケットをみると記載がない。後のArtist Houseのジョン・シュナイダーによるA&M Horizonシリーズの1枚。ヘイデンのアルバムなどの圭作多し。

チェリーというと最晩年のアルバムが好きだ。ジャンルや様式からはみ出し、彼自身が音になったような、自由で境界のない音が飛翔する感じで、聴いていて伸びやかな気持ちになる。

予想通り、1970年代中盤のアルバムが原点で、フリージャズ的な音の部品(フランク・ロウの乾いたトーン、ヒギンズの絶え間ないパルスなど)が、彼らしい無境界の漂う音世界のなかで散りばめられている。やはり伸びやかな気持ちになることができる。最高だ。

BROWN RICE

BROWN RICE

 

---------------------------------------------------------------

Don Cherry: Don Cherry (1977, Horizon)
A1. Brown Rice(Cherry) 5:14
Don Cherry(tp, p, voice), Frank Lowe(ts), Ricky Cherry(p), Charlie Haden(b), Bunchie Fox(perc), Billy Higgins(ds), Verna Gillis(voice)
A2. Malkauns(Cherry, Berger) 13:59
Don Cherry(tp), Charlie Haden(b), Moki(Tambura), Billy Higgins(ds)
B1. Chenrezig(Cherry) 12:50
Don Cherry(tp, voice), Frank Lowe(ts), Ricky Cherry(p), Hakim Jamil(b), Billy Higgins(ds)
B2 Degi-Degi(Cherry) 7:05
Don Cherry(p, voice), Frank Lowe(ts), Ricky Cherry(p), Charlie Haden(b), Billy Higgins(ds), Verna Gillis(voice)
Creative Director: John Snyder
Producer: Corrado Bacchelli, Beppe Muccioli
Recorded by Kurt Munkacsi (tracks: A1, A2, B2), Michael Mantler (tracks: B1)
A1, A2, B2 - Recorded at the Basement Recording Studios, New York.
B1 - Recorded at Grog Kill, Woodstock, New York.