Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Linda Catlin Smith/ Mira Benjamin, Simon Limbrick: Dirt Road (2016) 路が潰える怖れのなかにあるように

f:id:kanazawajazzdays:20180921072419p:plain

カナダの作曲家の現代曲。打楽器奏者とヴァイオリン奏者のデュオ、ライヴ録音。短い無題の15曲の連鎖。

 作曲家が撮影したジャケット写真が醸し出す静寂な雰囲気をコンサートホールで造りだしている。ECMと親和性の高い曲・演奏であるが、人工的な残響処理でなく、曲・演奏そのものが楽器の振動が減衰していく波形を畳み込んでいく。

弦の積分的な音の蓄積に対し、打楽器が微分的な瞬時の音の開放をぶつける。そうやっって眼前の音空間の奥行きが広がっていく。録音そのものは、かなりdeadだと思うのだけど、だから楽器の振動が直接飛び込んでくる。

ヴァイオリンとヴィブラホンの演奏は、ともに積分的に音を流しながら、その二種の音の干渉が、さらに長周期のうねりを醸し出していく。

ミニマルのような音のつくりのようで、そうではない。二者の音が重畳されたときに生まれる音は一回限りであって、深い奥行きのなかに吸い込まれていく。深い森のなかのdirt roadを走るとき、いつも路が潰える怖れのなかにあるように。

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------

Linda Catlin Smith/ Mira Benjamin, Simon Limbrick (2016, Another Timbre)
Dirt Road
1 3:29
2 7:00
3 4:58
4 3:19
5 3:03
6 3:22
7 6:02
8 4:56
9 4:30
10 5:36
11 2:27
12 4:22
13 2:15
14 9:37
15 3:27
Simon Limbrick(perc), Mira Benjamin(vln)
Recorded at the University of Huddersfield, January 9th 2016