Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Dewey Redman, Cecil Taylor, Elvin Jones: Momentum Space(1998) 晩年の2人とテイラー

f:id:kanazawajazzdays:20180806072720p:plain

こんなアルバムがあることを最近まで知らなかった。

期待の大きさに対し、聴いてみると微妙な「肩すかし感」がある。ドラムが若干オフ気味の録音、も原因の一つ。「昭和一ケタ」世代の3人のうち、レッドマンジョーンズが「晩年感」を出していることも原因かもしれない。ジョーンズが余命6年、レッドマンが余命8年なのだ。淡々とした演奏なのだ。化学反応、のようなものをあまり感じない。

テイラーは変わらずテイラーで晩年感はない。やや音が軟化したような気がするが、密度や緊張感は損なわれていない、のだが。彼だけは、まだ余命20年。

ソロ、デュオ、トリオの演奏が散りばめられているが、一番良かったのは6のトリオかなあ。中盤を過ぎて、それなりの高みまで登っている、ようには思う。

プロデューサーはアーティスト・ハウスのジョン・シュナイダー。彼もしぶといなあ。

---------------------------------------------------------------------

Dewey Redman, Cecil Taylor, Elvin Jones: Momentum Space(1998, Verve Records)
1. Nine (Dewey Redman)10:52 D/C/E
2. Bekei (Elvin Jones) 4:19 E
3. Spoonin' (Dewey Redman) 7:27 D/E
4. Life As (Cecil Taylor) 8:31 C
5. It (Cecil Taylor) 7:15 C/E
6. Is (Cecil Taylor) 20:47 D/C/E
7. Dew (Dewey Redman) 0:49 D
Dewey Redman(ts), Cecil Taylor(p), Elvin Jones(ds)
Engineer : Jay Newland, Rory Romano
Executive Producer: Jean-Philippe Allard
Producer: John Snyder
Recorded on August 4 and 5, 1998 at Avatar Recording Studios, New-York-City.
Mixed on August 13 and 14, 1998 at BMG Studios, New-York-City.
Mastered on August 24, 1998 at BMG Studios, New-York-City.