Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Cecil Taylor: New York City R&B (1961) 初期テイラーのアルバムは多分ここでお仕舞い

 ニューヨークでの買い物。そもそも、これを聴いて初期テイラーを聴くことにしたのだ。

 CandidにおけるThe World of Cecil Tailor の残りテイクかと思ったら、別のセッションのようだ。

wikiによると、後年の発売を含めたCandidのアルバムは5枚あるようだ。早期に発売されたのは、コレとThe World of Cecil Tailorだけのようだが。気長に揃えよう。

Cecil Taylor discography - Wikipedia

内容的にはA1、B1のトリオが面白い。テイラーはフリーフォームで、あとはリズムを刻むスタイルなのだけど、ベースがフリー的音を奏でる場面が登場していて、ユニットとして飛び出す時期が近いことをうかがわせる。A2、B2のセッションでのヒギンズは、コールマンとの演奏のようなソロをみせていて、いよいよ60年代に入ったぞ、とも思わせる。。

翌年のアルバムがコペンハーゲンのライヴNefertiti, the Beautiful One Has Come。ここでは、ベース抜きトリオで、後年のスタイル。だから、ここで「前衛的なテイラー」の後ろで「伝統を刻む」初期テイラーのアルバムは多分ここでお仕舞い。

もう少し聴き進めたい、とは思っているが。

New York City R&B

New York City R&B

 

 ------------------------------------------------------------------------

Cecil Taylor: New York City R&B (1961, Barnaby Candid Series)
A1. O.P. 9:08
Cecil Taylor(p), Buell Neidlinger(b), Billy Higgins(ds)
A2. Cell Walk For Celeste 11:35
Cecil Taylor(p), Buell Neidlinger(b), Dennis Charles(ds), Archie Shepp(ts)
B1, Cindy's Main Mood 8:11
Cecil Taylor(p), Buell Neidlinger(b), Billy Higgins(ds)
B2. Things Ain't What They Used To Be 10:04
Cecil Taylor(p), Buell Neidlinger(b), Dennis Charles(ds), Steve Lacy(ss), Archie Shepp(ts), Clark Terry(tp), Roswell Rudd(tb), Charles Davis (bs)
Producer: Nat Hentoff
Recording on Jan. 9th, 10th 1961, NYC

f:id:kanazawajazzdays:20180711065955p:plain