Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Cecil Taylor: Hard Driving Jazz (1958) テイラーはテイラーだけど

f:id:kanazawajazzdays:20180708092205p:plain

まだ暫く「初期テイラー祭り」。

これは、一旦テイラーのアルバムとして発売後、コルトレーン名義「Coltrane time」となったアルバム。このアルバムでのcreditは'blue train'と覆面サックス奏者、ミエミエだけど。契約問題か。

自分のアルバムを他人名義に変えられるなんて、テイラーがなんだか気の毒と思っていたが、聴いてみるとコルトレーンのアルバムやね、完全に。BNのSomethin' elseと同じ、契約回避の名義貸し。バッパーの中に放り込まれたテイラー。独りだけ毛色が違う音を出しているが、存外に違和感はない。ピアノの音のキレがよいから。

テイラーはテイラーだけど、運指が早いモンクのように聴こえるときもあり、これが実に良い、巧い。コルトレーン、ドーハム含めた皆様は予定調和的な好プレイ。

入手したのはオリジナルのモノラル。久々に高い音圧でジャズを楽しんだ。良かったなあ。

コルトレーン・タイム

コルトレーン・タイム

 

 -----------------------------------------------------------------------

Cecil Taylor: Hard Driving Jazz (1958, United Artists Records)
A1. Double Clutching (Chuck Israels) 8:17
A2. Like Someone In Love (Van Heusen - Burke) 8:07
B1. Shifting Down (Kenny Dorham) 10:37
B2. Just Friends (Klenner, Lewis) 6:13
Cecil Taylor(p),"Blue Train"*(ts), Kenny Dorham(p), Chuck Israels(b), Louis Hayes(ds)
Engineer [Recording] : Fernando Vargas
Producer: Tom Wilson
Recorded in New York City on October 13, 1958.

f:id:kanazawajazzdays:20180708092205p:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180708092230p:plain