Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

タイから帰ったら届いていたレコード、CD

ストレス多し、で、やや依存症か?続々届き、聴くのが追いついていない。

まずはレコード。プチ・セシル・テイラー祭り状態。Candid盤は日本盤の安レコード。BN盤はNYC/RVGの初期盤だが、案外安かった。あと70年代プレスのcontemporary盤も安レコード。主には初期アルバムを蒐集中だが、そうでないHAT盤も。2枚組のほう。録音がいいから楽しみ。でも聴く時間はあるのか?

f:id:kanazawajazzdays:20180705064417j:plain

こっちはベイリー2枚に、エヴァン・パーカーでプチ・インプロ祭り状態が続いている。DART DRUGとパーカーの緑色は再発。最近、再発レコードが続きすぎ。。。あと、知らなかったジョン・サーマン。なんとエディ・ルイスとの共演なんて、考えられないが、楽しみ。

f:id:kanazawajazzdays:20180705064432j:plain

ピーター・インドのWave盤。サル・モスカとのデュオって、結構惹かれる。キューン兄弟熱は冷めつつあるが、こういう古いのもいい。

f:id:kanazawajazzdays:20180705064604j:plain

あとはCD。仕事場ではこっち。

菊地雅章リーダー作のコンプリートに向けた買い物1枚。あと2枚。ムハールのボックス2つめを超安価でゲット。橋爪アルバムはいいなあ、あとクロノス・カルテットグレツキ。陰気かなあ。

f:id:kanazawajazzdays:20180705064617j:plain

立花・不破デュオ。一音めで痺れたから、聴くのを中断。やはり仕事場用だからねえ。

f:id:kanazawajazzdays:20180705064630j:plain