Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

New York/ Jazz Record Center: 古くからのレコード屋

古くからのレコード屋のようだ。古いビルの8階。

f:id:kanazawajazzdays:20180611063609j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180611063711j:plain

ニューヨークの真ん中で、インターネットでドーンと出てくるレコード屋で、良いモノが掘り出せる訳がないと、薄々分かっているのだけど、まあ旅の思い出、ということで。本当は東京でゆっくり廻ったほうが良いに決まっているよね。

この店もレコードの数が多いのだけど、何だか密度が薄いような気がする。最近、復権著しい新しいレコード盤に侵食されている。売り場の大きさに一瞬昂奮したが、ちょっとしんどい感じだったかな。昔、もっきりやの平賀さんが、ここでトラジションのダグ・ワトキンスを発掘、と思い出をコメントしてくれたのだけど、ちょっとそんな感じでは。。。

f:id:kanazawajazzdays:20180611064214j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180611064112j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180611064132j:plain

それでもなんとか、何枚かピックアップ。時間はかかったが、来て良かったかな。 

f:id:kanazawajazzdays:20180611064528j:plain

ジャケットなしのIncus盤。バーバー富士にもdead stock(?)が入着していたが、一瞬躊躇して、入手できなかったもの。ニューヨークで待っていた(今回もやはり躊躇したが)。

f:id:kanazawajazzdays:20180611065317j:plain

NYCレーベルで耳付き、と云っても元来、10インチ盤なので、拘るものかなあという気もする。ブツの表面はキレイで良い買い物だった。

f:id:kanazawajazzdays:20180611065513j:plain

チコのドルフィー入り。DUでもゆっくり探しているが、案外、見かけない。

f:id:kanazawajazzdays:20180611065625j:plain

ハービー・ニコルスのベツレヘム集。後年の編集盤なので安レコードの世界。

やや辛辣に書いたが、古き良きニュー・ヨークのレコード屋って感じで、室内の時計は止まっているようだった。そんな空気が味わえる、その旅情のような感じに意味があると思うので、一度は訪ねるべき店かもしれない。