Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

 Mabuta: Welcome to this world (2018) 不思議な「ワールド・ミュージック」

f:id:kanazawajazzdays:20180520180244p:plain

 久々の新譜。以前アップしたSiya Makuzeniと同じく南アフリカのバンド。Bandcampで販売している。

Siya Makuzeniのアルバムは冒頭、アフリカっぽい感じを出しているが、このアルバムには「作られたアフリカ」のような部分はない。1980年頃のフュージョンを素直に進化させた感じ。スムーズで聴いていて、気持ちよい。曲が丁寧に作られている。

@yorosz氏作成のプレイリスト(すごくいいので聴いてみてください)を聴いていて、引っかかった。

インターネットの進展で世界が小さくなる、的なことなのかなあ。局地戦の音楽、のようなものをアフリカとか南米に求めていたような気がする。手前勝手なエキゾティシズムとかオリエンタリズムのようなものを。かつてのECMに感じていた「ジャズ周縁の音楽」的な感覚の消失、とも関係しているのだろうな。そのようなものに迎合する部分がない、不思議な「ワールド・ミュージック」なのだ。死語かもしれない、21世紀には。

ここまで書いて、タイトルがWelcome to this world であることに気がついた。This WorldはOur worldでもあるようだ。

Welcome To This World [Daedelusによるリミックス音源のダウンロードコードつき]

Welcome To This World [Daedelusによるリミックス音源のダウンロードコードつき]

 

 ---------------------------------------------------------------------------

 Mabuta: Welcome to this world (2018)
1. Welcome To This World 06:41
2. Bamako Love Song (featuring Shabaka Hutchings) 05:22
3. Fences (featuring Shabaka Hutchings) 05:20
4. Beneath The Waves 05:06
5. Log Out Shut Down (featuring Buddy Wells) 05:26
6. As We Drift Away 07:10
7. Tafattala (featuring Reza Khota) 10:45
8. The Tunnel 05:20
Shane Cooper(b, synth, el-p), Bokani Dyer(p, synth, el-p), Marlon Witbooi(ds) , Sisonke Xonti(ts), Robin Fassie-Kock(tp), Reza Khota(g), Shabaka Hutchings(ts on 2 , 3) , Buddy Wells(ts on 5) , Chris Engel(as on 5) , Janus Van Der Merwe(bs on 5) , Tlale Makhene(perc on 2,5,7)
Recorded by Peter Auret and Luyanda Molao at SUMO SOUND in Joburg, and by Shane Cooper at Kujua Studios in Cape Town in 2017.
Produced by Shane Cooper
Mixed by Shane Cooper
Mastered by Ross Finck