Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Anthony Davis: Lady Of The Mirrors (1980) 端正な音のIndia Navigation盤

f:id:kanazawajazzdays:20180512201124p:plain

長い間、アンソニー・デイヴィスの名前を忘れていた。1990年代以降、ほとんどアルバムを出していないように思う。1980年前後のピアニストを聴いていて、思い出した。チコ・フリーマンとの共演盤は聴いている筈だが、記憶がない。

レコードを入手して聴いてみて驚いた。India Navigation盤としては異質なほど、現代音楽寄り。この人をしっかり聴いたことはなかったが、そういう人なんだ。巧いし、エイブラハムと違う意味で実にキレイな音。作曲がしっかりされている印象。また録音もIndia Navigation盤としては異質じゃないかなあ。端正な音で、驚いた。

最後の曲はエリントンに捧げた曲で、これは一転してモンク的な楽曲。ジャズらしい緩い空気がいい。そして、やはり美しい音で鳴らしている。味わい深い。

もう少し聴いてみよう。

f:id:kanazawajazzdays:20180511204248j:plain

 

Lady Of The Mirrors

Lady Of The Mirrors

 

 -------------------------------------------------------

Anthony Davis: Lady Of The Mirrors (1980, India Navigation)

A1. Beyond Reason 6:25
A2. Lady Of The Mirrors 5:05
A3. Five Moods From An English Garden (For Vasili Kandinsky) 9:40
B1. Under The Double Moon (Wayang IV) 12:15
B2. Man On A Turquoise Cloud (For Edward Kennedy Ellington) 6:15
Anthony Davis(p)

f:id:kanazawajazzdays:20180512201124p:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180512201157p:plain