Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Ernst Glerum: Omnibus One (2004) ハン・ベニンク狙い、なのだけど

f:id:kanazawajazzdays:20180503062904p:plain

BBGなどでハン・ベニンクと共演しているベース奏者エルンスト・グレラムの「オムニバス」シリーズ一枚目。ハン・ベニンク狙い、なのだけど、そこを離れてもイケるアルバム。ベニンクやメンゲルベルクらと共有する「あの空間」での現代ジャズ、なのだ。

グレラムは主にピアノを弾いているが余芸では全くなく達者に弾いている。楽しいピアノトリオ、現代ジャズの佳品。ハン・ベニンクはスネアで3曲参加。グレラムのベースとのデュオ。転がるような変態スネアの快感、がすこぶる楽しい。

フォームとしてのフリー・ジャズ的な要素は希薄なアルバムなのだけど、そうではなくてフォームからの軽い逸脱感や違和感、そのあたりに彼らの自由さ(いや軽やかさ)、のようなものを感じる。そこが彼らの魅力なんだろうな。

Omnibus One (輸入盤 帯/ライナー付)

Omnibus One (輸入盤 帯/ライナー付)

 

 ------------------------------------------------------------------

Ernst Glerum: Omnibus One (2004, Favorite 2)
1. More Or Less Serious 7:11
2. Omnibus 4:59
3. Make Believe - Dimples On The Beach 5:42
4. Locate 4:04
5. Everlasting Soul 7:18
6. Naima 8:26
7. Fly Over 3:57
8. Engineous 5:59
9. Pippin' 5:52
10. Slam Blues 5:34
11. Cement 3:20
Credits
Ernst Glerum(p,b), Clemens van der Feen(b), Owen Hart, Jr.(ds), Han Bennink(Snare on 6, 8, 10)
Recorded April 2004 at Studio LeRoy
Tracks 6, 8 and 10 recorded February 2004 at Dudok Studio, Conservatory of Amsterdam