Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Paul Bley: Footloose (1962) 愉しい無駄遣い(BYGのモノラル盤)

f:id:kanazawajazzdays:20180430074016j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180430074032j:plain

ふとブレイのFootlooseのモノラル盤、仏BYGからのものを見かけた。安価。気になって購入。やはり、モノラルカートリッジで鳴らすと、とても強い音圧で、ブレイの強いタッチを実感。このアルバムはSavoy盤も早いプレス(オリジナルかどうか、よくわからないので)を持っていて、まあ無駄遣い。されど愉しい無駄遣い。久々にモノラル盤の良さ、を味わった。

このアルバムはブレイのECM初期のアルバムにも通じていて、オーネットとキース・ジャレットの間を繋ぐような回廊、のように聴こえる。そして本人のバップからの変遷が、現代ジャズへの歴史そのものだなあ、と改めて感じる。

Footloose

Footloose

 

 ---------------------------------------------------------------

Paul Bley: Footloose (1962, Savoy==>BYG)
A1. When Will The Blues Leave (Ornette Coleman)
A2. Floater (Carla Bley)
A3. Turns (Paul Bley)
A4. Around Again (Carla Bley)
B1. Syndrome (Carla Bley)
B2. Cousins (Paul Bley)
B3. King Korn (Carla Bley)
B4. Vashikar (Carla Bley)
Paul Bley(p), Steve Swallow(b), Pete LaRoca(ds)
Released: 1963
Tracks A1, A2 and A4 recorded at Medallion Studios, Newark, NJ, August 17, 1962.

f:id:kanazawajazzdays:20180430073842j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180430073849j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180430073853j:plain