Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

田舎暮らし

願って来た金沢なのだけど、それが日常になると、仕事や生活への不満が出る。改めて、日々を感謝しようと思い直しているところだ。

ある朝、山に出かけた。沢は例年になく水量が多い。大雪の余波。魚が出てこない。源流域を沢通しにつめていく。

f:id:kanazawajazzdays:20180429224940j:plain

緑が眩しい。

f:id:kanazawajazzdays:20180429224913j:plain

次第に山が深くなる。

f:id:kanazawajazzdays:20180429224852j:plain

沢も次第に細くなり、残雪が見え始める。

f:id:kanazawajazzdays:20180429224835j:plain

詰めていくとスノウブリッジ。

f:id:kanazawajazzdays:20180429225012j:plain

釣果は渋く、七寸から八寸。気持ちを切り替え、別の沢に入った。融雪の濁流が流れる中、深みに餌を流すと、強い引きがあった。

f:id:kanazawajazzdays:20180429225025j:plain

泣き尺を筆頭にまずまず釣れて、嬉しかった。腹にはカエルが入っていた。もう翳りはじめる時刻だった。

f:id:kanazawajazzdays:20180429225056j:plain

自宅に帰り、綺麗に始末する。そして近所のS君のところで酒を頂く。彼らは、野芹や筍で迎えてくれた。酒を呑む。そんな田舎暮らしが愛おしい。感謝を忘れないように、と改めて思った。

f:id:kanazawajazzdays:20180429225110j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180429225121j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180429225134j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180429225152j:plain