Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

挾間美帆: The Monk: Lve at Bimhuis (2017) 様々な音像を

f:id:kanazawajazzdays:20180424081216j:plain

モンク曲集。挾間美帆が編曲・指揮で、演奏はオランダのメトロポール・オーケストラ。ライヴ録音。

ここ数日の通勤車内音楽。トロンボーンバリトンサックス(吉田隆一、ジョン・サーマン除く)、ビッグ・バンド(ギル・エヴァンス除く)は苦手で、あまり聴かない。テーマがモンクだったので、好奇心で聴いてみたが、実に素晴らしいアルバム。

モンク以前から今までの時間軸の中で、彼の曲が内包する伝統的な要素、未来的な要素を引っ張り出している。悪く云えば様々な時代の音が「ごった煮」になっているのだけど、それがごく自然に編曲者の音として、そして作曲者の音として無理なく纏め上げられている。

モンクの曲が持つ奇妙な味わいは、強くは濾過されなくて、アルバム全体に散りばめられている。そして曲によって、様々な音像を愉しませてくれる。

特に1曲目から3曲目の格好良さ、が良かったなあ。Friday the 13thでは、ギターが刻んでいる。咄嗟にベイシー楽団のフレディ・グリーンを思い出したが、それが今の時代の軽快なリズムだから驚いてしまう。面白かった。

ザ・モンク:ライヴ・アット・ビムハウス

ザ・モンク:ライヴ・アット・ビムハウス

 

---------------------------------------

挾間美帆: The Monk: Lve at Bimhuis (2017, Verve)
1. Thelonious (Thelonious Monk)
    Solos: Sjoerd Dijkhuizen (tenor sax.), Rik Mol (trumpet), Leo Janssen (clarinet)
2. Ruby, My Dear (Thelonious Monk)
    Solos: Hans Vroomans (piano), Rik Mol (flugelhorn)
3. Friday the 13th (Thelonious Monk)
    Solos: Marc Scholten (soprano sax.), Rik Mol (flugelhorn)
4. Hackensack (Thelonious Monk)
    Solos: Marc Scholten (alto sax.), Peter Tiehuis (guitar)
5. ‘Round Midnight (Bernard D. Hanighen, Thelonious Monk & Charles Melvin "Cootie" Williams)
    Solo: Hans Vroomans (piano)
6. Epistrophy (Thelonious Monk, Kenny Clarke)
    Solos: Louk Boudesteijn (trombone), Leo Janssen (tenor sax)
7. Crepuscule with Nellie (Thelonious Monk)
    Solo: Hans Vroomans (piano)

挾間美帆 (conducting), Meropole Orkest Big Band