Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Rahsaan Roland Kirk: The Return Of The 5000 Lb. Man (1976) 滋味のある優しい音

f:id:kanazawajazzdays:20180421193434j:plain

適当にカークのレコードを買っているものだから、何を持っているか分からなくなっている。とりあえず出して眺めてみたら、10枚くらいある。きちんと聴けていないことに気がついて、まずは晩年のレコード。

コーラス入りのアルバムで、名曲集のような選曲。聴きやすく編曲されている。それでいてカークのソロはカークそのものだし、全く違和感はない。全体的に滋味のある優しい音になっていて、しみじみと聴いてしまう。特にB面がいい。Goodbye pork pie hatのカークの歌声も渋いし、Giant Stepsのドライヴ感、ヒルトン・ルイズのソロが軽快、その上でのカークのブロウが気持ちよい。

ところで、コーラス入りのGiant Stepsを聴いたのがはじめてじゃないような気がする。他にもあるように思うが、思い出せない。

天才ローランド・カークの復活

天才ローランド・カークの復活

 

-------------------------------------------------------------------------------

Rahsaan Roland Kirk: The Return Of The 5000 Lb. Man (1976, Warner Bros. Records)
A1. Theme For The Eulipions (Roland Kirk) 9:22
A2. Sweet Georgia Brown (Ben Bernie) 5:07
A3. I'll Be Seeing You (Irving Kahal) 6:07
B1. Loving You (Minnie Riperton) 4:42
B2. Goodbye Pork Pie (Charles Mingus) 6:17
B3. There Wll Never Be Another You (Harry Warren) 5:08
B4. Giant Steps (John Coltrane) 6:11
Rahsaan Roland Kirk(harmonica, ts, fl, Stritchaphone), Howard Johnson(tuba), Hank Jones , Hilton Ruiz(p0, William Butler(g on A3, B1, B2), Arthur Jenkins (key), Trudy Pitts (org ), Romeo Penque(bs), Charles "Buster" Williams (tb on A1, B3, B4), Mattathias Pearson (tb on B1, B2), Milton Hinton (b on B2), Bill Carney, Charlie Persip, Jerry GriffinCharlie Persip(ds), Habao Texidor, Warren Smith(perc)
Backing Vocals – Adrienne Albert, Arthur Williams, Francine Carroll, Hilda Harris, Maeretha Stewart, Milton Grayson, Randy Peyton, Rahsaan Roland Kirk (tracks: B2)
Producer: Joel Dorn, Rahsaan Roland Kirk

手持ちは日本盤。十分な音質。