Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Billy Harper: Capra Black (1973) その固い感じが

f:id:kanazawajazzdays:20180411201401j:plain

今日届いたレコード。Strata-eastをぼちぼち聴いている。ジャズ聴きはじめの頃、チコ・フリーマンが若手の旬だった。その少し前がビリー・ハーパー。1960年代後半のブルーノートで活躍した奏者達から繋がっていく、好みの演奏。A面がそんな印象で文句なし。B面がコーラス入りだけど、管のソロになると、さほど差異はない。真っ直ぐ、力強く管が鳴る。

それにしても生真面目なテナーだ。その固い感じが、少し残念なのだけど。今はどうなってるのだろうか?

カプラ・ブラック (BOM1406)

カプラ・ブラック (BOM1406)

 

 -----------------------------------------------------

Billy Harper: Capra Black (1973, Strata-East)
A1. Capra Black (Billy Harper) 11:17
A2. Sir Galahad (Billy Harper) 8:00
A3. New Breed (Billy Harper) 4:30
B1. Soulfully, I Love You/Black Spiritual Of Love (Billy Harper) 10:34
B2. Cry Of Hunger (Billy Harper) 10:46
Billy Harper(ts, vo), Jimmy Owens(tp), Dick Griffin, Julian Priester(tb),George Cables(p),Reggie Workman(b), Billy Cobham, Elvin Jones, Warren Smith(ds), Barbara Grant, Gene McDaniels, Laveda Johnson, Pat Robinson(vo)

入手したのは、10年くらい前の再発盤。当時、Music incのレコード2枚を買った、

f:id:kanazawajazzdays:20180411201401j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180411201513j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180411201522j:plain