Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Rolf Kühn: The Day After (1972) ヴァスコンセロスの打楽器が淡い彩りを

f:id:kanazawajazzdays:20180407074601j:plain

フィル・ウッズを迎えたキューン兄弟の盤。2種類のトラックがある。

ウッズが入ったトラック(A1,B1)は、ウッズの世界。グルンツとのヨーロピアン・リズム・マシーンと同じようなスピード感が楽しい。ヨアヒム・キューンのピアノも新主流派的な快演。速度感はあるが、ピアノの音の美しさを保っている。魅力を損なうヤケクソ的な乱打もなく、よい。

ウッズ抜きのトラックは、キューン兄弟の音が1960年代中盤の思索的な雰囲気も維持。観念的になり過ぎず、クラリネット、ピアノに加えヴァスコンセロスの打楽器が淡い彩りを与える感じが、空間に奥行きを与えている。

キューン兄弟のアルバムは60年代中頃で止めを刺すようにも思うが、これは1970年代ジャズ的な味わいが強い良盤。 

-------------------------------------------------------------

Rolf Kühn: The Day After (1972, MPS)
A1. Ca. 1-9-5-2 (Rolf Kühn) 7:03
A2. The Day After (Joachim Kühn, Rolf Kühn) 9:41
A3. Turning Out (Rolf Kühn) 6:20
B1. Everything In The Garden (Phil Woods) 6:54
B2. Sonata For Percussion, Piano And Clarinet (Joachim Kühn, Rolf Kühn) 11:35
Rolf Kühn(cl), Phil Woods(as on A1), Joachim Kühn(p), Peter Warren(b), Oliver Johnson(ds), Nana Juvenal Vasconcelos(perc)
Recorded July 1972, Cornet Studio, Cologne