Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Herbie Hancock, Freddie Hubbard, Stanley Turrentine: In Concert, Volume 2 (1973) 日曜の朝には

f:id:kanazawajazzdays:20180218104709j:plain

ハービー・ハンコックが聴きたくなって、未聴のレコード盤を取り出した。1970年代のノーマン・グランツ、のように思えるクリッド・テイラーのCTI盤。メンバーの組み方の緩さ、もグランツ風。エリック・ゲイルとデジョネットだしね。(ゲイルの音がほとんど聞こえないのだけど。。)

re-mixとカッティングはRVG。この頃になると、あまり生彩のようなものを感じない。
内容はJATPジャムセッションなんだけど、ハービーのソロはデジョネットとの応酬が気持ちよし。エレピの音が飛び跳ねている。ロン・カーターの我関知せずのダルイ刻みも笑えて良し。

タレンタインが案外激しくソロをとるときもあり、意外だった。

名盤でも何でもないが、たまたま入ったジャズ喫茶で面白い盤を聴いた感覚。日曜の朝には悪くない。

 


Freddie Hubbard & Stanley Turrentine - Hornets

 ---------------------------------------------------

Herbie Hancock, Freddie Hubbard, Stanley Turrentine: In Concert, Volume 2 (1973, CTI Records)
A1. Hornets 9:43
A2. Interlude 1:18
A3. Hornets 9:45
B. Gibraltar 18:55
Herbie Hancock(key), Freddie Hubbard(tp), Stanley Turrentine(ts), Eric Gale(g), Ron Carter(b), Jack DeJohnette(ds)
Engineer: Charles Buchanan
Mixed by Rudy Van Gelder
Producer : Creed Taylor
A1 and A2 were recorded at the Chicago Opera House in Chicago, Illinois on March 3, 1973
A3 and B were recorded at the Ford Auditorium in Detroit, Michigan on March 4, 1973.

f:id:kanazawajazzdays:20180218104709j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20180218104714j:plain