Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Nicole Mitchell: Mandorla Awakening II: Emerging Worlds (2017) 得体の知れない様々な素材の溶け込み、に驚いた

f:id:kanazawajazzdays:20180113101014j:plain

大晦日にDLして聴いていたアルバム。Best Jazz的な記事によく出ていたので、気になって聴いてみた。

ボクは解説も読まないし(policyでなく、横着なのだ)、あまり音以外のhidden contextについて気にしない。だから、どのような人なのか分からない。シカゴの人だよね。

ただ不気味なほど広い奥行きと、得体の知れない様々な素材の溶け込み、に驚いた。聴き始めると、まずはピート・コージーのギターを思い出した。そうか彼もシカゴだなあ、と懐かしく思い、つい彼が入ったCDを注文してしまった(実に少ない)。マイルスのアガルタ・パンゲアも、コージーのギターが楽しみで聴くのだ。だからAlex Wingを覚えておこう。

ミッチェルのフルートを聴くと、スレッギルのAIRを思い出したり。単なるフリーだとか、現代ジャズとか、ネオ・ソウルとか、そんな枠からはみ出したscale感に圧倒されている。だから、大きな構造物を前に、何だろうコレハ、と首を傾げて立っているような感じだ。何回も何回も聴いてしまった。

三味線、尺八、太鼓が入るような和物の音は元来苦手(武満のノヴェンバーとか)なのだけど、これはまあ大丈夫だったかな、あまり好みじゃなかったが。

自分の内的な何か、に触れるような、面白い音を聴いた、と思う。

MANDORLA AWAKENING 2

MANDORLA AWAKENING 2

 

-----------------------------------------------------

Nicole Mitchell: Mandorla Awakening II: Emerging Worlds (2017, FPE records)
1. Egoes War 07:36
2. Sub-mission 05:35
3. The Chalice 02:49
4. Dance of Many Hands 05:48
5. Listening Embrace 12:06
6. Forestwall Timewalk 04:54
7. Staircase Struggle 09:48
8. Shiny Divider 08:06
9. Mandorla Island 10:22
10. TimeWrap 07:15
Nicole Mitchell’s Black Earth Ensemble: Nicole Mitchell(fl, electronics), avery r young(vo), Kojiro Umezaki(shakuhachi), Renée Baker(vln), Tomeka Reid (cello, banjo), Alex Wing(g, oud), Tatsu Aoki(b, shamisen, taiko) , Jovia Armstrong(perc)