Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Matt Mitchell: A Pouting Grimace (2017)21世紀のthe second decadeのお終いに

f:id:kanazawajazzdays:20171227193849j:plain

 年末になって、誰もいない仕事場で聴いて見た。真っ先に思ったのは、ショーリーのアルバムで、ともに現代音楽とジャズの境界領域、というより現代音楽側に踏み出している。

フリージャズに近い奏者が集っているが、作曲し尽くされたような楽曲を演奏している。だから現代音楽的に聴こえるのだろう。基層にミッチェルのピアノやエレクトロニクスが置かれ、その上に色彩豊かな打楽器/ヴィブラホンが重ねられ、さらに不穏な流れのような管楽器が被せられる。それらの音が、関係性を強めたり、弱めたりしながら、音を紡いでいる。

大きな建物が目の前に立ちはだかり、前に進めなくなったような感覚。見上げて、唖然としている感覚。

改めてショーリーのアルバム(あるいはバーンのsnakeoilとか)も聴き直し、これらの音が21世紀のthe second decadeのお終いで、どのようなことを謳っているのか、ゆっくり聴き取りたい、と思った。

A Pouting Grimace

A Pouting Grimace

 

-----------------------------------------------------

Matt Mitchell: A Pouting Grimace (2017, Pi Recordings)
1. Bulb Terminus 1:10
2. Plate Shapes 8:12
3. Mini Alternate 5:32
4. Brim 6:49
5. Deal Sweeteners 1:38
6. Squalid Ink 0:15
7. Gluts 4:28
8. Heft 4:16
9. Sick Fields 9:10
10. Ooze Interim 5:07
Matt Mitchell(p, electronics), Jon Irabagon (ss, spn 2, 4, 8), Ben Kono(Oboe, English horn on 3,4,9), Anna Webbe(fl on 4, 7, 9), Scott Robinson(Bass-sax, Contrabass-cl on 3, 4, 8, 9), Sara Schoenbeck(Basoon on 2, 4, 7), Tyshawn Sorey(Conductor on 4, 9), Ches Smith(perc, vib on 2, 3, 4, 9), Dan Weiss(tabla on 3, 4, 9), Patricia Brennan (vib, marimba2, 4, 9), Katie Andrews( harp on 4, 7, 9), Kim Cass (b on 2, 3, 4, 7, 8, 9), Kate Gentile (ds, perc on 2, 3, 4, 7, 8, 9)
Producer: David Torn, Matthew Tily Mitchell
Executive-Producer : Seth Rosner, Yulun Wang
Mastered By, Mixed by David Torn
Recorded March 1 - 3, 2017 at Systems Two Recording Studios, Brooklyn, NY
Mixed and mastered at Cell Labs East, Bearsville, NY