Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

駆け足の猟盤(新宿DUからお茶の水Jazz Tokyo)

f:id:kanazawajazzdays:20171101211539j:plain

会議のはじまりが遅めだったので、早く金沢を出て。駆け足で新宿からお茶の水へ。今回は久しぶりだったので、気がおもむくままに安いレコードばかり。平均1100円。一番高価なもので1800円。安価なものは500円である。

f:id:kanazawajazzdays:20171101211815j:plain

まずオーネット関係。今更の感はあるが。。ドン・チェリーのフライング・ダッチ盤ははじめて見た。

f:id:kanazawajazzdays:20171101211933j:plain

これも今更のガトー。フライング・ダッチ盤3枚のうち、これだけはなかった。インパルス盤は南米の奏者との共演。デジョネットとレスター・ボウイのデュオは日本の企画盤。500円。ホレス・タプスコットは、ここ数日気になっていた奏者。早速のレコード入手。

f:id:kanazawajazzdays:20171101212149j:plain

今度はコンコードのギター2枚。タルはフラナガンと、エリスはなんとフレディ・グリーンときたら聴きたくなった。マーク・マーフィーのリヴァーサイド盤はなんとオリジナル。それが安レコード(絶句)。レイシーのモンク集はOJCなので安い。本当はエリントン集があれば嬉しかったのだけど。

f:id:kanazawajazzdays:20171101212410j:plain

スティープルチェイスのコニッツ盤はデュオ。ハル・ギャルパーのものと、レッド・ミッチェル。トリスターノは発掘盤のピアノ・トリオ。ヒルの大編成バンド。コニッツやマクビーが入っている。

f:id:kanazawajazzdays:20171101212621j:plain

ブレイはスティープルチェイス盤とソウル・ノート盤。あとケシャヴァン・マスラック。

CDは一枚だけ。ボクはバリトンサックスが苦手で全く聴かなかったが、吉田隆一の楽器の響きの美しさは別格で、とても好み。

f:id:kanazawajazzdays:20171101212758j:plain

これ、持ち歩くのがとても重い。宅急便500円をケチったからだ。しまった。