Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

10 Ans De Saravah/サラヴァの10年 (Saravah) 浅川マキと同時代的の

f:id:kanazawajazzdays:20171023085337j:plain

ここ1週間ほど、クルマの中とか仕事場で流しっぱなし。まさに、「ラジオのように」流しているアルバム。1960年代後半から10年間のサラヴァ・レーベルのオムニバス・アルバム。古い音源だけど、CDで十分楽しめた。音はカラっとしていて、小気味良い。好み。レコードもあるが、まあオムニバスだからパスして、気に入った音の原盤をゆっくり求めようと思う。

サラヴァというと、真っ先にブリジット・フォンティーヌとアレスキ、あとはナナ・ヴァスコンセロスか。ジャズとフレンチ・ポップ、そして周辺の民族音楽が交叉した記録、のような印象がある。ジャズもアフリカ的な野生、という素材として扱われているようにも思う。ティケシュのアルバムでの民族音楽の扱いと通底している。ECMあたりのオリエンタリズム(主には中東系)よりも荒々しく感じる。

 先日、レーベル主宰者の評伝の出版を知って、サラヴァへの関心が少しだけ再燃。普段はオムニバス盤は入手しないのだけど、全貌を囓ってみたくなった。

ピエール・バルーとサラヴァの時代

ピエール・バルーとサラヴァの時代

 

 これが実に美味しい。ボクが子供の頃は、今よりはずっとフレンチ・ポップスって普通に流れていたので、それがまず懐かしい。そして、そこに流れ込む時代の音、フォークやジャズが香辛料。とても色彩感豊かな音がジャンル不詳で並べられる。そんな所が、浅川マキと重なり、同時代的の音であることが妙に納得できる、

サラヴァの10年(紙ジャケット仕様)

サラヴァの10年(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: オムニバス,ニコル・クロワジーユ,デイヴィッド・マクニール,ジャック・イジュラン,バルネ・ウイラン,ナナ・ヴァスコンセロス,ピエール・バルー&ドミニク・バルー,マジュン,ジャン=ロジェ・コシモン,アイラ,ジャック・トリーズ
  • 出版社/メーカー: オーマガトキ
  • 発売日: 2008/11/19
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 ------------------------------------------------------

10 Ans De Saravah/サラヴァの10年 (Saravah)
Disc 1
1. キリー / ニコル・クロワージュ
2. お前に生ませた子供 / ブリジット・フォンテーヌ & ジャック・イジュラン
3. ウッパ・ネギーニョ / トリオ・カマラ
4. ラジオのように / ブリジット・フォンテーヌ
5. リメンバー / ジャック・イジュラン
6. リベルテ / アレスキ
7. 4人のピアニストのための組曲 / G・アルバニタス、M・グレイエ、M・ヴァンデ、R・ユルトリジェ
8. 無関心なひとたち / ジャン=ロジェ・コシモン
9. 小さな映画館 / ピエール・バルー
10. 夏の花 / ニコル・クロワジーユ
11. タンゴ・タンゴ / ジャック・イジュラン
12. ほらって言ったよねほら / ジャック・イジュラン
13. ゾンビザール / バルネ・ウイラン
14. キリエ / ナナ・ヴァスコンセロス
15. アボイオス / ナナ・ヴァスコンセロス
16. 仮面の夜 / ピエール・バルー & ドミニク・バルー
17. イチジク果汁 / マジュン
18. ムッシュー・ウィリアム / ジャン=ロジェ・コシモン
19. 縁日のうた / アイラ
20. アルマジロの歌 / ジャック・トリーズ
21. ハリウッド / デイヴィッド・マクニール
22. 俺は野蛮人 / アルフレッド・パヌー & アート・アンサンブル・オブ・シカゴ
Disc 2
1. シャン・デュ・クプール・ドクメ / ピエール・アケンダンゲ
2. ノ・ノルチ・ド・ポロ・スル / ナナ=ネルソン・アンジェロ=ノヴェリ
3. 我が運命の哀歌 / ロジェ・コット
4. オビチュアリィ / スティーヴ・レイシー
5. レディ・ジェーンのための歌 / デイヴィッド・マクニール
6. 軽やかな音楽 / ジャン=ロジェ・コシモン
7. ピクセレクール / ジャック・トリーズ
8. 1月末 / マジュン
9. スティルネス / ジャック・トリーズ
10. あたり前 / ブリジット・フォンテーヌ & アレスキ
11. シー・ムーヴス / チック・ストリートマン
12. 子守唄 / ドミニク・バルー
13. 幸福 / ブリジット・フォンテーヌ & アレスキ
14. 晴れの日 / ジャン=ロジェ・コシモン
15. ジオミュージック / マイケル・スミス
16. 俺の勝手だろ / チック・ストリートマン
17. セシ / ピエール・アケンダンゲ
18. ダディ・キープス・オン・ドリンキン / ラリー・マーティン
19. パパはロックンローラー / デイヴィッド・マクニール
20. ウェイン / スティーヴ・レイシー