Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Enrico Pieranunzi, Paul Motian: Flux And Change (1992) 前に出たときのモチアン

f:id:kanazawajazzdays:20171016213950j:plain

モチアンのsoul note box setの1枚。これが実に良い。ボクは所謂「現代ジャズ」って、今ひとつピンとこないから、それが何を指して、その輪郭がどんな印象なのか、それが分からないので、ぼんやりしている。

だからエンリコ・ピエラヌンツィのピアノも悪くはないのだけど、その印象がボクのなかでは散漫になっている。

このアルバムでは、モチアンがジャズ(ややフリー寄りだけど、フリーというものでもない)の芯や外形を補助線のようにクッキリ描いているので、ピアノもそれと相対する形で、実に激しく向き合っている感じがジャズ。

モチアンの奏者としての印象は、抑制的であり、またドラマというよりは打楽器的な印象。晩年は奏者としてよりは音楽のorganaizerとしての力量に眼が向いているように思う。このアルバムではそんな印象を残したまま、同時に刺激的な音を出し続けている。前に出たときのモチアンの凄さ、を知らしめるアルバム。 

Flux and Change

Flux and Change

 
Flux and Change

Flux and Change

-----------------------------------------------

Enrico Pieranunzi, Paul Motian: Flux And Change (1992, Soul Note)
Suite No. 1
1. Hazard Rate 1:42
2. What Is This Thing Called Love? 1:42
3. Double Act 1 2:29
4. Abacus 1:03
5. Pianologue 1 2:00
6. Someday My Prince Will Come 1:01
7. Drumlogue 1 1:33
8. Double Act 2 2:09
9. When I Fall In Love 1:56
10. Double Act 3 4:14
11. Drumlogue 2 0:49
12. Things Ain't What They Used To Be 2:36
Suite No. 2
13. Sweet Little Swan 2:27
14. The Inch Worm 3:41
15. Double Act 4 1:16
16. All The Things You Are 6:57
17. For Your Peace 3:17
Suite No. 3
18. Drumlogue 3 2:33
19. St. Thomas 1:31
20. Freedom Jazz Dance 1:17
21. Alice In Wonderland 5:00
22. Anthropology 6:58
23. Straight No Chaser 4:51
Paul Motian(ds), Enrico Pieranunzi(p)
Recorded August 27, 1992 at Roccella Jonica International Jazz Festival "Rumori Mediterranei"