Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Horace Tapscott Conducting The Pan-Afrikan Peoples Arkestra: The Call (1978) もっと早く聴けば良かった

f:id:kanazawajazzdays:20171013195953j:plain

ホレス・タプスコットは何となく気になり続けて30年以上経ているが、やっと初めて聴いた。このThe callのアルバムも何回か店頭で見かけたが、結局、手を出せていない。何とbandcampに関連のアルバムが一挙にアップされていて、目眩がしてしまった。試聴すると、好みのド真ん中。まずは1枚ダウンロード。

タプスコットはロスで活動していたと記憶しているが、内容は同時代のロフト・ジャズと同じ流れ。チコ・フリーマンと同じ感じで、フリー・ジャズの成果を盛り込んだmain stream寄りの演奏、というか。ソロがなかなかの迫力で、それを1970年代の早いドライヴ感で盛り上げるからたまらない。かなりの快感指数だ。

大編成ではあるが、ソロに焦点があたっているので聴きやすい。ソロの合間の分厚いホーンも格好いい。もっと早く聴けば良かったし、もっとタプスコットを聴いてみたい、と思った。

追記:サン・ラ以外にも「アーケストラ」を名乗るバンドがあったんだ。

--------------------------------------------------------

Horace Tapscott Conducting The Pan-Afrikan Peoples Arkestra: The Call (1978, Nimbus West Records)
1. The Call (L. Robertson) 8:22
2. Quagmire Manor At Five A.M.(M. Session) 10:26
3. Nakatini Suite (Cal Masey) 9:01
4. Peyote Song No. III(J. Sharps) 10:07
Horace Tapscott(cond, p), Adele Sebastian(vo, fl), Archie Johnson, Lester Robertson(tb), Kafi Larry Roberts(ss, fl), James Andrews(ts, b-cl), Jesse Sharps(ss,ts,fl), Herbert Callies(alto-cl), Michael Session(as), Linda Hill(p), Red Callendar(tuba, b), David Bryant, Kamonta Lawrence Polk(b), Louis Spears(cello, b), William Madison, Everett Brown Jr.(ds)
Recorded April 8, 1978 Los Angeles, California.