Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Jim Hall, Red Mitchell: Valse Hot - Sweet Basil - 1978 (1978) 落ち葉拾いと思うことなかれ

f:id:kanazawajazzdays:20170926184510j:plain

いつだったか、新宿のDUで買い求めたもの。何となく、ライヴの残テイクって、落ち葉拾いのようで、曲数が増えても感動は増えないよな、って思うこともあり、最近は手を出していない。もうマイルスのコロンビア残テイクシリーズも懲りて手を出していない。正式リリース盤+それにないメンバーくらいのものでいいのだ。

が、何となく勢いで手を出したのが コレ。しかい聴いてみて違和感があったのは、このアルバムの本編であるジョン・シュナイダーがプロデュースしたArtist House盤を聴いた印象と違うのだ。

より正確に云うと、レッド・ミッチェルはさほど変わらないが、ジム・ホールのギターの響きが細部まで美しく捉えられ、その魅力が随分と増しているように思えた。そして本編は比較的リラックスした雰囲気なのだけど、こちらはジム・ホールが冷たく燃えるような、そうアンダーカレントで聴かせたようなギターに聴こえたのだ。

そんな訳で、レコードでの本編と何回も繰り返し聴いたが、その印象は変わらなかった。

落ち葉拾いと思うことなかれ、なのだ。

加えて、LPレコードと比べても明らかに音質が良い。ギターの弦の一本一本の鳴動が伝わるような粒の細かさを感じさせ、レコードよりも音圧が強い。実はこのアルバムには高分解能音源のDVDも入っているが、CDで十分、その良さを感じることができた。その意味でも、全く落ち葉拾いではなかった、のだ。聴くべし!

 

Valse Hot - Sweet Basil 1978

Valse Hot - Sweet Basil 1978

 

--------------------------------------------------------------

Jim Hall, Red Mitchell: Valse Hot - Sweet Basil - 1978 (1978, ArtistShare)
1. Now's The Time (Charlie Parker) 8:20
2. Valse Hot (Sonny Rollins) 6:19
3. Alone Together (Arthur Schwartz) 7:52
4. There Is No Greater Love(Isham Jones) 7:59
5. God Bless The Child (Billie Holiday) 11:33
6. Stella By Starlight (Victor Young) 7:04
Jim Hall(g), Red Mitchell(b)
Design [Cover] – Adriana Camelio
Engineer : Chip Stokes, David Baker
Master: Greg Calbi
Mastered at Sterling Sound
Producer: Brian Camelio, John Snyder
Recorded at Sweet Basil, NYC January 18th and 19th, 1978