Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

原田依幸, Tristan Honsinger: Margin (2006) 粒状に音が立ち

f:id:kanazawajazzdays:20170905075104j:plain

間違いなく、ボクの好みの中心、の音だ。原田のピアノは粒状に音が立ち、スピードをあげても濁らない。そしてホンジンガーのチェロと作用・反作用を繰り返しながら、様々な速さの音を溢れさせる。そして音の速さの変曲点のようなところで、音が弾けて、美しい破片のようなものが飛び散る。

亡きミシャ・メンゲルベルクとともに、モンクのピアノと同じ心象を造り出すのだ。音響的に優れた奏者、という意味で。

鈴木勲との「6日のあやめ」もそうだが、素晴らしい弦との協奏に溜息がでるような時間を過ごした。

追記:ジャケットは竹中英太郎竹中労の父。この親子の濃さ、はすごいなあ。

マージナル

マージナル

 

------------------------------

原田依幸, Tristan Honsinger: Margin (2006, Off Note)
(CD)
1. Everywhere
2. Nowhere
(DVD)
1. Erehwyeve
2. Erewhon
原田依幸(p), Tristan Honsinger (cello)
Recorded at Ogikubo Community Center, Tokyo, October 2006.
絵: 竹中英太郎