Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Ikue Mori: Obelisk (2017) 少し背景に「軽く」引いたとき

f:id:kanazawajazzdays:20170901215920j:plain

 昨日、Tzadikのダウンロード販売サイトを見つけて、購入したもの。

最近、幾つかのCDで名前を見るようになって(というか、名前を見るジャンルへボクが移動しただけ)、気になっていた。テイボーンとの作品は印象的で、気になる名前になった。

勝手に日系人の方かと思っていたら、1970年代後半に、近藤等則IMAで弾く前のレックと渡米した日本人。幾つかの記事を読むと実に面白い。

楽器はニューヨークに住んでから。(ラウンジリザーズでボクが名前を知る前の)アート・リンゼイとD.N.A.というバンドでドラマーだったそうだ。ニューヨークのシーンでは有名な方」なんだね。

イクエ・モリ、ニューヨークにて(文:恩田晃)

 

さてアルバムなんだけど、テイボーンとのアルバム同様、空間を大きく包摂するような電子音。で、そのような音がアルバムの中央に陣取れるのかな、という関心で聴いた。で、やはり少し背景に「軽く」引いたときに、空間が広がる、豊穣になるような印象があった。Electronicsが全面に躍り出る瞬間、漠とした無が広がるような印象。微妙な感覚なんだけど。チェロやピアノの背景にまわった瞬間、とても美味しいElectronics。全体としてはよく楽しめる作品だと思う。

 

 

Obelisk

Obelisk

 
Obelisk

Obelisk

  • Ikue Mori
  • エレクトロニック
  • ¥1500

 --------------------------------------------------------------------

Ikue Mori: Obelisk (2017, Tzadik)
1. Quicksilver 3:45
2. Blue Moon And Yellow Dune 4:01
3. Mozu (The Shrike) 4:56
4. Invisible Fingers 1:41
5. Hotaru (Firefly) 3:31
6. Invisible Hands 1:40
7. Among Other Seeds (4:47)
7.1 a. Vines
7.2 b. Lotus
7.3 c. Hydrangea
7.4 d. Chrysanthenum
8. Steel Cave 3:03
9. Insomniac Bird 5:44
10. Koya Hijiri (Holy Man from Mount Koya) 10:11
Ikue Mori(electronics), Sylvie Courvoisier(p), Okkyung Lee(cello), Jim Black(ds)
Artwork: Ikue Mori
Design: Heung-Heung Chin
Recorded By, Mixed By – Mark Urselli
Executive-Producer : John Zorn
Executive-Producer [Associate] : Kazunori Sugiyama
Released: 28 Jul 2017
Recorded and mixed January and March 2017