Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Paul Bley (1954) 聴いていて愛着がわいてきた

f:id:kanazawajazzdays:20170824122851j:plain

先日のディスクユニオンでの買い物。

1954年発売のオリジナル。モノラルカートリッジで鳴らすと、素直な、音圧の高いピアノが鳴る。とても楽しめる。解体的交感の1/3程度の価格。多分、CPは遙かに良い。帰ってから、何回も聴いている。

未だコールマンも登場してなく、バップの時代のブレイである。バッド・パウエル張りの流麗な高速プレイもある。だけど彼の魅力はピアノの鳴りが美しいこと、だと気がつく。だから亜パウェル的な曲よりは、少しゆっくりした曲でのピアノの響きに惚れ惚れする。数年後のエヴァンスの一連のアルバムは評判なのだけど、このブレイのアルバムは「あのブレイのバップ時代」以上の評価ではない。なぜだろう、と思えるくらい、聴いていて愛着がわいてきた。60年以上前のアルバムなのに。

トプシー(紙)

トプシー(紙)

 
Paul Bley

Paul Bley

 ---------------------------------------------------------

Paul Bley (1954, Wing Records)
A1. Topsy
A2. My Heart
A3. That Old Feeling
A4. There'll Never Be Another You
A5. Autumn Breeze
A6. I Want To Be Happy
B1. My Old Flame
B2. Time On My Hands
B3. Drum One
B4. This Can't Be Love
B5. My One And Only (What Am I Gonna Do)
B6. 52nd Street Theme
Paul Bley(p), Percy Heath(b), Alan Levitt(ds)

f:id:kanazawajazzdays:20170824122851j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170824122904j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170824122921j:plain