Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Akmee: Neptun (2016) ピアノとドラムが現代的な匂い、を流し込むような瞬間

f:id:kanazawajazzdays:20170730094544j:plain

田中鮎美のレコードと一緒に届いた。クリスチャンからのギフト。

メタ・フリーミュージック的な、現代音楽との融解した境界線を狙うが如きNakama recordsの作品のなかで、異色なほどジャズ的。これが実に美味しい。先日、ジェイソン・モランのアルバムで書いた、

アヴァンギャルド系の奏者が担っている音響的な深みを、所謂「現代ジャズ」の骨格に上手く被せたような、ティボーンの近作でまさに成功している、あの美味しさが全開のアルバムなのだ。

Jason Moran: Bangs (2016) アヴァンギャルド系の奏者が担っている音響的な深みを - Kanazawa Jazz Days

 という趣。後期コルトレーンの音楽を意識した、と書いてあるが、あの重苦しさはなく、演奏のスキーム(奏者間の距離感)のようなもの、はあんな感じかな。

Akmeeは、2006年にドラムのAndreas WildhagenとピアノのKjetil Jerveが作ったバンド。トランペットが作る古っぽいジャズ的な空気を背景(全面に出ているが)に、ピアノとドラムが現代的な匂い、を流し込むような瞬間、がとても美味しかった。

それに加え、やはりレコードで聴く、ことは楽しく、美味しい。いい。


--------------------------------------------------------------

Akmee: Neptun (2016, Nakama records)
A1. Summoning( Kjetil Jerve) 08:56
A2. Dance of the Maniae( Kjetil Jerve) 06:33
B1. Wavelengths(Andreas Wildhagen)11:08
B2. Tides in Space(Erlend Albertsen)07:52
Akmee:
Andreas Wildhagen(ds), Kjetil Jerve(p), Erik Kimestad Pedersen(tp), Erlend Albertsen(b)
Recorded at Urban Sound Studio by Roar Nilsen, June 2016
Mixed by Hans Andreas Horntveth Jahnsen
Mastered by Christian Obermayer

f:id:kanazawajazzdays:20170730094544j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170730094556j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170730094614j:plain