Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Pat Martino: Interchange (1994) こんなアルバムが気持ち良かったりする

f:id:kanazawajazzdays:20170725175100j:plain

脳の障害から復帰してから数年のアルバム。1970年代のMuseでのアルバムほどの鬼気迫る迫力、のようなものはないが、やはり速い曲は面白い。指が速く動くということと、音にスピードがある、ということは全く同じでない。音の連鎖が生む、音場の変化の早さ、あるいは脈動の早さに結実させねばならない。マルティーノのギターは、そういった意味で、指の速さ以上に、スムースな速さを聴き手に送り込む、から好きだ。ただただ、その流れに浸れば良い。

近年のオルガンでのトリオがいいなあ、と思うが、これもいい。マーク・ジョンソンがひたすらタイム・キープというのが可笑しいが、これも気持ち良い。名作ってことはないが、こんなアルバムが気持ち良かったりすることを思い出した。

生で聴きたいなあ。

Interchange

Interchange

 

 ---------------------------------------------------------------

Pat Martino: Interchange (1994, Muse Records)
1. Catch(Pat Martino) 7:02
2. Black Glass(Pat Martino) 6:51
3. Interchange(Pat Martino) 10:32
4. Just For Then(Pat Martino) 7:40
5. Blue In Green(Miles Davis) 8:53
6 Recollection(Pat Martino) 9:51
Pat Martino(g), James Ridl(p), Marc Johnson (b), Sherman Ferguson(ds)
Producer, Engineer: Paul Bagin
Recorded at Systems II, Brooklyn, NY on March 1, 1994.