Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Linda Catlin Smith/ Apartment House & Quatuor Bozzini: Drifter (2017) ごく自然に、そして最高の「The Most Beautiful Sound Next To Silence」を感じたい

f:id:kanazawajazzdays:20170724120125j:plain

音響的に面白し世界を紹介して頂いているよろすず氏サイトの今年上半期のベストがこれ。カナダの作曲家試聴して、迷わずUKの会社に注文。

現代音楽。カナダの女性作曲家の作品集。ミニマリズムの影響というか、それ以降の音楽であることはどことなく感じられるんだけど、手法としてそれを前面に出すことはほとんどなく、曲によっては和声の変化なども掴みどころがないほどに複雑。感覚的に美しいものとしてある種聞き流すように聴くには複雑すぎて最初はとても自分の手には負えない音楽に思えたんだけど、フレーズを断片的に反復させながらその用い方を徐々にズラし、そこに美しいメロディーまで絡めてくる「Drifter」の美しさに気付けた時から面白いと思えるようになった。大雑把でいいから各曲の展開を把握できるくらいまで聴き込むと相当化ける音楽だと思う。それぞれの楽曲に共通する方法論などはまだ見いだせずこの人の関心がどこにあるのかはうまく読み取れないんだけど、それはおそらく個別に作曲された作品集って形式によるものかもしれない。以前リリースされているピアノ作品集ではそういったとっ散らかった印象はなかった。正直いくつかの楽曲についてはまだ全然聴き込めていないので、その辺り詰めていくのがこれからの楽しみ。

2017年上半期ベスト - LL

 まだ聴きはじめて1日。2つのCDから流れ出す2時間以上の音の列。どの微小区間を切っても、昂揚はなく、淡々と美しい音が作り流れていく。曲ごとには様々な楽器の編成なのだけど、そこには不連続はなく、連続した流れのように曲は進行する。

引用した記事のように、音を意識の中に引き込むための「掴み」のようなものが分からないのだけど、ただ美しい音が流れていく、それを楽しむのでもいいなあ、と思った。

 

このような音に惹かれる、その一つの要因はECM的な冷たい音、浮遊感に対する飽き、が大いにあると思っている、自分のなかで。その音の温度、浮遊感を得るために、添加剤のような音響操作(主には残響)を行うことに違和感、を感じている。そうではなく、音や演奏行為のなかで、ごく自然に、そして最高の「The Most Beautiful Sound Next To Silence」を感じたい、そのような意識が昂進しているように思えてならない。

 

購入はこのサイトから。簡単で安価で早い、吉野屋じゃないが。

----------------------------------------------------------------------

Linda Catlin Smith/ Apartment House & Quatuor Bozzini: Drifter (2017, Another Timbre)
(DISC 1)
1. Cantilena 14:28
Vibraphone – Simon Limbrick
Viola – Emma Richards
2. Piano Quintet 13:32
Cello [Quatuor Bozzini] – Isabella Bozzini
Ensemble – Quatuor Bozzini
Piano – Philip Thomas
Viola [Quatuor Bozzini] – Stéphanie Bozzini
Violin [Quatuor Bozzini] – Alissa Cheung, Clemens Merkel
3. Drifter 21:53
Guitar – Diego Castro Magas
Piano – Philip Thomas
4. Gondola 15:38
Cello [Quatuor Bozzini] – Isabella Bozzini*
Ensemble – Quatuor Bozzini
Viola [Quatuor Bozzini] – Stéphanie Bozzini
Violin [Quatuor Bozzini] – Alissa Cheung, Clemens Merkel
5. Moi Qui Tremblais 8:21
Percussion – Simon Limbrick
Piano – Philip Thomas
Violin – Mira Benjamin
(DISC 2)
1. Ricercar 9:48
Cello – Anton Lukoszevieze
2. Far From Shore
Cello – Anton Lukoszevieze
Piano – Philip Thomas (4)
Violin – Mira Benjamin
3. Galanthus 6:35
Violin – Mira Benjamin 16:55
4. Poire 3:46
Piano – Philip Thomas (4)
5. Folkestone 32:50
Cello [Quatuor Bozzini] – Isabella Bozzini*
Ensemble – Quatuor Bozzini
Viola [Quatuor Bozzini] – Stéphanie Bozzini
Violin [Quatuor Bozzini] – Alissa Cheung, Clemens Merkel
Recorded at the University of Huddersfield, February to July 2016, except 'Cantilena' and 'Ricercar', which were recorded at the Church of St. Nicholas, Burton Pedwardine, near Spalding, and 'Galanthus', which was recorded at St. James Church, Midhopestones, near Sheffield.