Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

豪雨のあとの犀川源流域・倉谷川(土石の大量流入)

10日ほど前、金沢周辺では記録的な豪雨に。通常の犀川ダムへの流入(倉谷川、二又川)は、雪代の時期で15t/秒、雪代が消えた時期で5t/秒。それが200t/秒の流入量を記録している。それをダムが支え、下流域への災害を防いでいる。

犀川源流域では大量の土砂流入があったようで、未だに犀川の強い濁りはとれていない。

昨日、Tさんと犀川源流の倉谷川へ。

f:id:kanazawajazzdays:20170715142632j:plain

犀川ダム。強く濁っている。時間の経過による希釈化と沈殿を待つのみか。ダム湖には流木も多く流れていた。

f:id:kanazawajazzdays:20170715143210j:plain

ダム湖流入する小渓(谷というほどでもない小川)もこの通り。激しい土石流がダム湖に押し出されている。倉谷川の枝沢も同じ状況で、大量の土石が流域から流れ込んでいる。

 

f:id:kanazawajazzdays:20170715143506j:plain

倉谷川には大量の礫が。河床が大小の砂礫で埋め尽くされている。

f:id:kanazawajazzdays:20170715143833j:plain

渓谷の至る所にあった深みには砂礫が詰まり、川全体が平川に。平均水深がかなり浅くなった印象がある。

f:id:kanazawajazzdays:20170715144406j:plain

ここは落差2.5m程度の落とし込みと小さなプールの箇所。砂礫で埋め尽くされている。気がつかずに通り過ぎた。(帰途、撮影)

f:id:kanazawajazzdays:20170715144606j:plain

流木も多い

f:id:kanazawajazzdays:20170715144826j:plain

念願の魚止の滝まで遡行したが、滝壺の手前も埋まっていて瀬に。川全体が平川になったような、ショッキングな事態。出水とともに砂礫は岸に押し出されて行くのだろうが、渓相の復帰には時間がかかるように思えるのだが、どうだろうか。

f:id:kanazawajazzdays:20170715145718j:plain

釣りも楽しんだが、ポイントの変貌に気持ちは少し暗かった。