Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

井野信義, Lester Bowie: Duet (1985) 音の深さや起伏の大きさ、のようなものを聴かせる

f:id:kanazawajazzdays:20170713084603j:plain

昨日、ボクはAEOCと縁が薄いようなことを書いた。ロスコー・ミッチェルは特にそうだ。

レスター・ボウイは、ジャック・デジョネットのバンドで聴いていたので、AEOCのなかでは一番聴いている。あの噴き出すような乾いたような音色、は好きだ。

このアルバムはレスター・ボウイ井野信義のデュオ。このレコードが出た30年以上前に購入したもの。久しぶりに聴いた。

f:id:kanazawajazzdays:20170713084700j:plain

このアルバムは2人のインプロヴィゼーションのアルバム、ではない。むしろ作曲・編曲された秩序のなかで、彼らの音の深さや起伏の大きさ、のようなものを聴かせる感じ。

だから、録音の良さも相まって、重低音で積分的な音を積み重ねる井野と、乾燥したような高音で微分的に空間を切り裂くボウイの音響的な楽しさ、が詰まっている。井野のシンセサイザは、今で云うelectronics的な使い方で、空間定義の補助剤。結構聴かせる。

 ふと最近聴いたような気がした。沖至と井野のアルバムを思い出した。井野信義のベースは変わらず個性的であり、力強いものなのだ。いいなあ。


-----------------------------------------------------------------

井野信義, Lester Bowie: Duet (1985, Paddle Wheel )
Released: 1985
A1. Kami-Fusen (Nobuyoshi Ino) 8:53
A2. Moon Over Bourbon Street (Sting) 5:45
A3. Fela(Lester Bowie, Nobuyoshi Ino) - Ellen David (Charlie Haden) 5:45
B1. Baku-No-Akubi (Nobuyoshi Ino) 4:37
B2. Wishful Thinking( Lester Bowie) 8:01
B3. Three-Legged Race (Nobuyoshi Ino) 3:15
B4. Goin' Home (Dvorak) 4:21
井野信義(b, synth), Lester Bowie(tp)
Engineer: 及川公正
Co-producer: 井野信義
Producer: 悠雅彦
Recorded 1, 2 August 1985 at The Sound Inn, Studio A, Tokyo, Japan.

f:id:kanazawajazzdays:20170713084603j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170713084616j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20170713084626j:plain